筋肉 トレーニング・筋トレ に関する事なら、
take3GYM
take3GYM
筋肉 トレーニング,筋トレに関する事なら、take3GYM
筋肉 トレーニング,筋トレに関する事なら、take3GYM
筋肉 トレーニング,筋トレに関する事なら、take3GYM
新着情報

野菜のメリット・デメリット

2019年10月24日


毎週金曜日は“筋肉博士”山本義徳さんによるボディメイクメルマガ
―エビデンスによる最新ボディメイク― 【博士のダイエット&バルクアップ研究所】の発行日です。

今回のメルマガ(2019/10/25発行号)の内容をご紹介いたします。

 

■「今週のメインテーマ」

メインテーマは、 「野菜のメリット・デメリット」 です。

今回は下記のようなリクエストをいただきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

山本先生の過去のブログで野菜は身体に悪いという記事を見てからは野菜を食べるのをやめました。
野菜の毒性についてや、特に摂取しない方がいい野菜、逆に摂取した方がいい野菜などありましたら教えていただきたいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

一般的に野菜は「体に良い」というイメージがあります。

もちろん良い部分はありますが、悪い部分について語られることはあまりありません。

世の中のほとんどのものには、良い部分と悪い部分があります。

大事なことはできるだけ悪い部分を排除して良い部分を多く受け取ること。

そして自分にとって何が良い部分なのか知ることも大事だと思います。

私たちは、常識に縛られず、理論的に考え、いいとこ取りしましょう!

 

■「Q&A」

Q1:
プリーチャーカールについてお伺い致します。
プリーチャーカールは上腕二頭筋があまりストレッチされないので、上腕二頭筋のトレーニングとしてはあまり優秀ではないかと思いますが、上腕筋のトレーニングとしてはいかがでしょうか?
また、プリーチャーカールの利点などありましたら教えてください。
宜しくお願い致します。

 

Q2:
腹横筋を鍛えるプランクですが腹直筋にはアイソメトリックの負荷がかかっていますが、ボディビル的には腹筋を割ったりとウェストを細くしたりする効果はあるでしょうか?
よろしくお願いします。

 

Q3:
朝のトレーニングは筋肉を活発に分解してしまうとのことですが、どうしても朝しかトレーニングする時間が無いという場合はどのようにグリコーゲンを補給しておくのがベストでしょうか。

 

Q4:
お世話になっております。
一種目あたりメイン2セットとした場合に心理的限界が高いのか単に回復力がないのか、インターバルを5分以上とっても2セット目の回数が極端に減ってしまいます。
さらに二種目目をやる際は相当軽くしないとできず、やる意味があるのかと疑問に思う程です。
そこでなのですが
1.一種目あたりメイン1セットにして二種目行う
2.10×2のように多少余力をもった2セットに変えて二種目行う
3.一種目目を10×2でやり二種目目はメイン1セットという1.と2.の混合
どれが一番効果的でしょうか。
よろしくお願い致します。

 

Q5:
いつも有益な情報ありがとうございます。
現在23歳です。
今年の6月にボディビルに出場し、70.2kgで仕上がりました。
現在の朝の体重が85kgあります。
体脂肪率は測っていませんが、およそ17〜19%ぐらいだと思います。
来年も6〜7月頃にコンテストがあるのですが、このままのコンディションを保つほうがいいのか、プチ減量を入れたほうがいいのか、コンテストあたりまでどのようにしたらいいのかざっくりでいいのでご教示お願い致します。

 

Q6:
いつも有益な情報ありがとうございます。
ケトジェニックダイエットで減量をしているのですが、仕事の関係で帰宅が夜遅くになる事が多々あります。
このような夜遅くなった時は夜の脂肪の摂取量を減らした方がいいのでしょうか?
夜の脂肪の摂取(カロリー増)が減量しづらくなるのかが気になっております。
ご回答頂けたら幸いです。
よろしくお願い致します。

 

Q7:
ブルガリアンスクワットを行う際に、ジムでベンチ台が空いてない時には脚を前後に開いて前足に体重を乗せて行うようにするのでも大丈夫でしょうか?
アスリートの場合には、バランスを取りながら行えるように、椅子などで代用してでも後ろ足を台に乗せた方がいいのでしょうか?

 

■「私が博士に教わったこと」

「肩+腕+腹」のトレーニングメニューをご紹介します。

 

■「発行日時・登録」

メルマガは10月25日(金)17時ごろ発行予定です。

お楽しみに~

 

メルマガのご購読は、こちらから。
http://www.mag2.com/m/0001493970.html

 

 

ページの先頭へ