筋肉 トレーニング・筋トレ に関する事なら、
take3GYM
take3GYM
筋肉 トレーニング,筋トレに関する事なら、take3GYM
筋肉 トレーニング,筋トレに関する事なら、take3GYM
筋肉 トレーニング,筋トレに関する事なら、take3GYM
新着情報

腹筋に有効なプログラムとは

2019年9月5日



毎週金曜日は“筋肉博士”山本義徳さんによるボディメイクメルマガ
―エビデンスによる最新ボディメイク― 【博士のダイエット&バルクアップ研究所】の発行日です。

今回のメルマガ(2019/9/6発行号)の内容をご紹介いたします。

 

■「今週のメインテーマ」

メインテーマは、 「腹筋に有効なプログラムとは」 です。

今回は下記のようなリクエストをいただきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

腹筋を割る(6パックになる)には、どうすればいいかを教えていただきたいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

古今東西人気がある部位はやはり腹筋でしょう。

一般的には「いいカラダ」の代名詞ともなる「6パック」。

そのための腹筋運動、器具などさまざまなものが出てはなくなっていきます。

実際にはどのようなエクササイズをどのくらい行うのが良いのでしょうか?

腹筋の特徴から理論的に考えてみましょう。

ぜひ参考にしてください。

 

■「Q&A」

Q1:
いつも有益な情報をありがとうございます!
シニアの食事について質問ですが、80代の方にお肉を取るのは体力的につらいと言われました。
そこで豆類をお勧めしたのですが、甲状腺に異常があり医者に豆類を止められているとの事でした。
この場合にどのような食事を進めるべきでしょうか?
この方は健康目的のお客様で健康寿命をなるべく伸ばしたいという方です。

 

Q2:
11月のコンテストに向けてダイエットをしている女です。
ローカーボ2ヵ月で2㎏減量、その後ケトジェニック6週間で2.5㎏程落ちたところで2週間以上停滞してしまいました。
(5週目でローファットに切り替えましたが浮腫みとお腹の調子が悪くなり1週間でケトに戻しました。)
カロリーの高低差やHIITなども反応しなかった為、高炭水化物(体重×約12g)を2日間に分けて摂取するチートを行い、1.5㎏程体重が増えましたが、その後も体重は5日経っても全く変わらず、見た目もかなり膨れてしまった(特に体脂肪の多い部分)感じがして、あと5㎏程の減量幅に焦っています。
チートの効果を評価するには大体どのくらいの期間をみたら良いでしょうか。
また、女性選手のケトジェニック中のカロリー算出方法について、具体的な計算式があればご教示頂きたく思います。
156cm45kg(これまでの仕上がり41kg)、ローファットで1200kcal、ケトで1400kcal~1500kcal、で行っていました。
トレーニングは高強度で週4回、週2-3回4分間のHIIT、通勤で毎日1時間程歩いています。

 

Q3:
格闘技の練習メニューについて質問なのですが、先に息が上がるようなスタミナ強化の為のミット打ちをやってからスパーリングをやる方がいいのか、それとも逆がいいのでしょうか?
また、1回の練習時間はウェイトトレーニングと同じように75分を越えない方が良いのでしょうか?

 

Q4:
ケトジェニック中、グリセリン等の糖アルコールの摂取は糖質として計上して良いのでしょうか。

 

Q5:
トレーニング前のプロテイン摂取について質問です。
プロテインをトレーニングの1時間前に摂るようにしているのですが、仕事の都合で摂れなかったり、忘れたりすることがあります。
その場合はトレーニングの5分前でもプロテインを取った方がいいでしょうか?
直前に飲んでもお腹を痛くしたりすることはありません。。
また、トレ中のドリンクを忘れた時も飲まないよりはプロテインを飲んだ方がいいでしょうか??

 

Q6:
朝、昼は厳格に糖質制限を行い、夜のみ一般の方のように糖質を摂取する生活を続けると身体に負担がかかりますでしょうか?
三食糖質を摂取する方が健康にはよいでしょうか?

 

Q7:
何時も有益な情報をありがとうございます。
高校1年生の野球部員にマルチビタミンを飲ませたいと考えていますが下記疑問点が有ります。

1.男性は特に鉄のサプリを取らなくても良いとも聞きますが、高校男子の場合、鉄入りと鉄なし、どちらの方が良いか。
2.摂取量は成人男性と同じか。
3.メーカーは博士の推奨されているメーカーで良いか。

以上、ご教授いただければと思います。

 

■「私が博士に教わったこと」

「背中+脚」のトレーニングメニューをご紹介します。

 

■「発行日時・登録」

メルマガは9月6日(金)17時ごろ発行予定です。

お楽しみに~

 

メルマガのご購読は、こちらから。
http://www.mag2.com/m/0001493970.html

 

 

ページの先頭へ