筋肉 トレーニング・筋トレ に関する事なら、
take3GYM
take3GYM
筋肉 トレーニング,筋トレに関する事なら、take3GYM
筋肉 トレーニング,筋トレに関する事なら、take3GYM
筋肉 トレーニング,筋トレに関する事なら、take3GYM
新着情報

ジュニアの指導方法は

2019年8月1日


毎週金曜日は“筋肉博士”山本義徳さんによるボディメイクメルマガ
―エビデンスによる最新ボディメイク― 【博士のダイエット&バルクアップ研究所】の発行日です。

今回のメルマガ(2019/8/2発行号)の内容をご紹介いたします。

 

■「今週のメインテーマ」

メインテーマは、 「ジュニアの指導方法は」 です。

少し話題となっているようですが・・

今回は、

・ジュニアのトレーニングどのような効果があるのか?
・ケガの予防には?
・栄養摂取は?

など、ジュニアの指導に役立つ内容となっています。

大切な成長期にどのようなトレーニング・栄養が望ましいか。

ぜひお役立てください。

 

■「Q&A」

Q1:
いつも有益な情報ありがとうございます。
先日博士がyoutubeでマンデルブロトレーニングはある程度種目を固定した方がいいとおっしゃっていましたが、同じPhase毎では種目を固定した方が良いのか(Phase1と2と3で種目は変えても良いのか)、全Phaseで同じ種目を行なってレップ数を変化させた方がいいのかどちらでしょうか?
ご回答して頂けますと幸いです。

 

Q2:
左右の筋力の差について質問です。
マシンのアームカール(片手)をやると、左は10回ギリギリしか出来ませんが、右は15回くらい出来ます。
明らかに左と右で差があるように思えます。
この場合は、右だけ重量をあげた方が良いでしょうか?
私はコンテストには出ず趣味でトレーニングをしており、デカクなることが目的です。
ただバランスが悪いのもカッコ悪いとも思っており、重量をあげるべきか悩んでいます。

 

Q3:
いつも有益な情報ありがとうございます。
現在ケトジェニック中ですが、普段はスケジュール上食事を取るのが難しいのですが、朝昼晩以外の間食はアイソレートのプロテインにMCTオイルを混ぜたものでもダイエットはうまくいくものでしょうか??

 

Q4:
いつも有益な情報ありがとうございます。
ケトジェニックダイエットが終わり糖質を入れた食事に戻していきたいと考えていますがこのような時の糖質の入れ方についてご質問があります。
少しずつ糖質を増やしていき糖質を処理する能力を回復させた方がいいのでしょうか?
それとも中途半端に少なくして糖新生によるカタボリックを防ぐために一気に多めの糖質の入れた方がいいでしょうか?
ご回答して頂けたら幸いです。
よろしくお願い致します。

 

Q5:
山澤さんの動画で山本先生がビッグ3は必ずやらなければいけない種目ではないと仰っていましたが、ボディメイクが目的ではない競技者(特に格闘技、ラグビーなどのコンタクトスポーツ)の場合は、相手の圧力に負けない為にもビッグ3は取り入れた方が良いのでしょうか?
また、山本先生がコンタクトスポーツの競技者にオススメする種目は何でしょうか?

 

Q6:
いつもお世話になっております。
40代半ばのトレーニーです。
健康診断でクレアニチンが1.48と高く出ました。
考えられるのは、体重×10%増加したのと、今年からクレアニチンをけっこう取り出したのですが、もし数値が高くなった原因がクレアチン摂取の影響であった場合は、気にせずクレアチンを摂取してもよいのでしょうか?
※もともとクレアニチンは1.1〜1.2と比較的高かったです。

 

Q7:
23歳男性です。
筋トレをして2年が経ちます。
筋肉をもっとつけたいのですが、筋肉を増量させるのに食事におけるピリオダイゼーションみたいなものがあった方がいいのでしょうか?
例えば、
1週目〜2週目 3300キロカロリー
3週目2600キロカロリー
というように食事にも変化をつけた方が筋肉はつきやすいのでしょうか?
それともずっと消費カロリー+300〜500キロカロリーを維持し続けた方がよいのでしょうか?
よろしくお願いします。

 

Q8:
山本先生が動画配信されている「ジュニアのためのトレーニングと栄養摂取」ですが、DVD化の計画はないのでしょうか?
私はジュニア競技者の指導をする機会があるのですが、その子達の保護者の中には自分の子供に対してオーバーワークになるような練習量をこなさせていたり、食事なども糖質中心の子達が多々見受けられます。
そこで、その子達の保護者や他の指導者を集めて正しい知識を得るために山本先生の動画で勉強会を行いたいのですが、その場所にはネット環境がありません。
是非ともDVD化をご検討いただけないでしょうか?

 

 

■「私が博士に教わったこと」

今回は先日行った人間ドックの結果をもとに、現在のサプリメントメニュー(トレーニング関連を除く)をご紹介いたします。

 

■「発行日時・登録」

メルマガは8月2日(金)17時ごろ発行予定です。

お楽しみに~

 

メルマガのご購読は、こちらから。
http://www.mag2.com/m/0001493970.html

 

 

ページの先頭へ