筋肉 トレーニング・筋トレ に関する事なら、
take3GYM
take3GYM
筋肉 トレーニング,筋トレに関する事なら、take3GYM
筋肉 トレーニング,筋トレに関する事なら、take3GYM
筋肉 トレーニング,筋トレに関する事なら、take3GYM
新着情報

コンテストを目指す女性の減量は

2019年6月27日


毎週金曜日は“筋肉博士”山本義徳さんによるボディメイクメルマガ
―エビデンスによる最新ボディメイク― 【博士のダイエット&バルクアップ研究所】の発行日です。

今回のメルマガ(2019/6/28発行号)の内容をご紹介いたします。

 

■「今週のメインテーマ」

メインテーマは、 「コンテストを目指す女性の減量は」 です。

今回は下記のようなリクエストがありました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

大会を目指す女性の減量におけるホルモン管理
とっておくべきサプリメント
生理を止まらなくするにはどうしたら良いでしょうか…。
生理周期と筋肥大の関係等も知りたいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

一般的に難しいとされている女性のダイエット。

その原因の一つが女性ホルモンといわれます。

では女性ホルモンとは何で、どのような作用があるのでしょうか?

そしてその対策も含めた女性のダイエットは?

月経周期とも関連して解説してもらいます。

昨今では女性のコンテスト出場者もとても増えていますね。

ぜひ参考にしてください。

 

 

■「Q&A」

Q1:
いつもメルマガ楽しみにしています。
日常の姿勢について質問です。
若い時から日常的に骨盤後傾で顎が前に出てしまい、周りからも猫背や姿勢の悪さをよく指摘されてきました。
3年ほど前からトレーニングを始め筋肉が付くに従って少しは改善されてきたのですが、依然と意識をしないと骨盤後傾で顎が出た姿勢になってしまいます。
トレーニングやストレッチ、起立時歩行時の重心、使用すべきツールなどの観点から改善するためのアドバイスを頂ければ嬉しいです。

 

Q2:
いつも有益な情報をありがとうございます。
博士は、近年話題となっているVBTは有効だと思われますか?
機器が高価であることやセッティングの手間があり、どうも普及していくように思えません。
機器なしでもコンセントリック局面を出来るだけ早く行うように意識することで代用できるようにも思いますが、博士はどのように思われますか?
よろしくお願い致します。

 

Q3:
お世話になっております。
会社での健康診断の結果、総コレステロール値が340程ありました。
やはり高すぎるのは健康によろしくないのでしょうか?

 

Q4:
大変主観的な質問で申し訳ないのですが、人と比べて疲れやすい(スタミナがない)ことに最近気がつきました。
具体的には学生時代から長距離走が異常に遅い、部活動から帰ると勉強する気力はなくすぐに寝る(他の生徒は塾等行く人が多かったです)、他人と同内容の仕事をし終わった時に他人はまだ元気だが自分は疲れ切っており、早く帰って寝転がりたい等です。
全ての具体例が「根性がない」で済む話かもしれませんが、本当に疲弊しております。
何か原因などありませんでしょうか?
また、良いサプリメンテーションがあれば教えていただけませんでしょうか?
ちなみに私は20代前半、175cm、85kgで1日にタンパク質を体重g程度(プロテインは摂っていません)、ライフフォース:3錠、ビタミンB:1g、ビタミンC:6g、DIM:600mgを摂取しています。

 

Q5:
山本先生、いつも貴重な情報をありがとうございます。
ローファットダイエットについてお伺い致します。
私は身長165cm、体重57kg、体脂肪率17パーセントで週に2回ほど60分程度のトレーニングを行っております。
1日の摂取カロリーを1,400kcalとし、CPFは6:3:1でローファットダイエットを行っており、1日に摂取する脂質は15~20g程度です。
体重は順調に減るのですが、唇や肌が荒れてしまいます。
脂質の摂取量が少なすぎるのでしょうか?
何かいい解決方が有りましたら教えてください。

 

Q6:
いつも楽しみに拝見しております。
胸のトレーニングについての質問です。
フライ系の種目をやると胸より先に鳥口腕筋のあたりが疲労してしまいます。
原因と解決策を教えて頂けますと幸いです。

 

Q7:
トレーニング効率、成果を高める様々なサプメントがありますが、筋肉のアナボリックを高めることに直結するテストステロンのブースターサプリは実際の所、どのくらいの成果が期待できそうなのでしょうか?
※商品例:SIX STAR PRO NUTRITION社 プロフェッショナル ストレングス テストステロン ブースター エリート シリーズ等々
ご回答頂けますと幸いです。

 

 

■「私が博士に教わったこと」

「背中+脚」のトレーニングメニューをご紹介いたします。

 

■「発行日時・登録」

メルマガは6月28日(金)17時ごろ発行予定です。

お楽しみに~

 

メルマガのご購読は、こちらから。
http://www.mag2.com/m/0001493970.html

 

 

ページの先頭へ