筋肉 トレーニング・筋トレ に関する事なら、
take3GYM
take3GYM
筋肉 トレーニング,筋トレに関する事なら、take3GYM
筋肉 トレーニング,筋トレに関する事なら、take3GYM
筋肉 トレーニング,筋トレに関する事なら、take3GYM
新着情報

あのスーパーフードは効果的なのか

2019年5月23日


毎週金曜日は“筋肉博士”山本義徳さんによるボディメイクメルマガ
―エビデンスによる最新ボディメイク― 【博士のダイエット&バルクアップ研究所】の発行日です。

今回のメルマガ(2019/5/24発行号)の内容をご紹介いたします。

 

■「今週のメインテーマ」

メインテーマは、 「あのスーパーフードは効果的なのか」 です。

今回はトレーニーだけではなく一般の人にも人気の「あの緑系のサプリメント」です(笑)

大手のスポーツクラブでも見かけますし、ネットやドラッグストアでも人気があるようです。

このサプリメントの特徴、効果、注意点などを解説してもらいます。

お楽しみに~

 

■「Q&A」

Q1:
いつも配信楽しみにしています。
筋肉の発達はストレスの応答反応であることは博士のおかげで理解することができました。
そこでですが、脂肪を燃やすこともストレスの応答反応のように、毎回同じ速度時間などでしていては、身体が慣れて脂肪が燃えにくくなることになるのでしょうか?

 

Q2:
お世話になっております。
腰痛持ちのため、ダンベルベンチプレスを行う際のブリッジがキツイので、アブマットを腰の部分に置いてアーチを作っています。
通常のダンベルベンチプレスより効果は落ちてしまうのでしょうか?

 

Q3:
毎週楽しみにしています。
床引きのデッドリフトで捻挫しました。
捻挫からは回復して現在は動けています。
レントゲンを見ると腰椎の椎間板の下から3つが明らかに磨り減っていました。
椎間板は再生しないとのことで、私は30代前半でこれからさらに磨り減ると考えると正直ビビります。
椎間板をなるべく保存したいのですが、トレーニングや栄養で気をつけた方がいいことをご教示いただきたいです。

 

Q4:
寝る前に糖質を含む食事をすると太りやすい、というのはどこまで正しいのでしょうか。
1日の摂取エネルギーが同量だった場合、どのタイミングで摂ろうが有意差がない、というような論文も目にします。
ですが、個人の体感では、やはり夜の糖質をカットした方が絞りが早いように感じます。
(もちろん、1日トータルの摂取エネルギーは変えず)
元競技者であり、かつ科学的知見も心得ている山本さんのご意見を伺いたいです。

 

Q5:
いつも有益な情報、ありがとうございます。
早速ですが、質問です。
以前、YouTubeにてJINさんが大会一ヶ月前からはプロテインを控え、EAAにかえるという話をされていました。
自分は6月末にコンテストに出る予定なのですが、この場合も一ヶ月前からプロテインから摂取していた分のタンパク質量をEAAに置き換えた方が良いのでしょうか?
(ex.プロテイン50g→EAA40g)
ちなみに現在はプロテイン50gをTRの1時間前と就寝前に摂取しています。
コンテスト1ヶ月前からプロテインを控える理由も添えて教えて頂けると嬉しいです。
お手数をおかけして申し訳ありませんが、宜しくお願い致します。

 

Q6:
いつも有益な情報をありがとうございます。
ルーマニアンデッドリフトとスティフレッグデッドリフトの違い、または通常のデットリフトとの効果の違いが明確に理解できないのですが、博士はどのようにお考えでしょうか?
よろしくお願い致します。

 

Q7:
いつも情報を参考にさせて頂いております。
痩せ型が筋肉をつけ、体重を増やす方法をご教授下さい。
筋肉を増量し体重を増やすには高炭水化物が良いと聞いたのですが、インスリン分泌能力が弱く炭水化物を多く摂取すると血糖値が急激に上がりやすく、少し怖くて、ローカーボでトレーニングをおこなっているためか、筋肉と体重が増えません。
通常、白米のおにぎり(160g)を食べると、30分ほどで血糖値が190前後まで上昇します。
糖質負荷試験を受けたところ、30分のインスリンの分泌が11.6と少ないです。
具体的には170cm 53kg程です。
あと10kgは増量したいのですが、痩せ型が筋肉をつけ、体重を増やす良い方法がありますでしょうか。
よろしくお願い致します。

 

 

■「私が博士に教わったこと」

「背中+脚」のトレーニングメニューをご紹介いたします。

 

 

■「発行日時・登録」

メルマガは5月24日(金)17時ごろ発行予定です。

お楽しみに~

 

メルマガのご購読は、こちらから。
http://www.mag2.com/m/0001493970.html

 

 

ページの先頭へ