筋肉 トレーニング・筋トレ に関する事なら、
take3GYM
take3GYM
筋肉 トレーニング,筋トレに関する事なら、take3GYM
筋肉 トレーニング,筋トレに関する事なら、take3GYM
筋肉 トレーニング,筋トレに関する事なら、take3GYM
新着情報

あのエキスの効果とは

2019年1月17日


毎週金曜日は“筋肉博士”山本義徳さんによるボディメイクメルマガ
―エビデンスによる最新ボディメイク― 【博士のダイエット&バルクアップ研究所】の発行日です。

今回のメルマガ(2019/1/18発行号)の内容をご紹介いたします。

 

■「今週のメインテーマ」

メインテーマは、 「あのエキスの効果とは」 です。

今回ご紹介するものは、食材としてはかなりポピュラーなものですが、そのエキスとしては比較的マイナーなものではないでしょうか?

食材もかなりの健康効果を謳われていますが、実は本物を入手するのは意外と困難とも言われています。

もちろん本物を入手して料理に使うことも非常に良いと思いますし、そのエキスを上手に使って効果を得ることも良い方法でしょう。

インスリンの働きを助け空腹感を和らげるそうなので、ボディメイクにもかなり使えそうですね。

これら以外にも様々な効果をご紹介します。

健康とかっこいいカラダの両方を手に入れましょう!

 

 

■「Q&A」

Q1:
漢方または、ハーブの効能などについて調べたいのですが、参考になる書籍などがあれば教えてほしいです。
また、博士自身そういったものを書かれないのですか?

 

Q2:
『ウェイトトレーニング理論編』と『実践編』を購入しました。
実践編では二頭筋のトレーニングはトータル3セット程度に抑えると書いてあるのですが、理論編での「マンデルブロトレーニングの実際」ではフェイズ1と2で2セットを3種目のトータル6セットになっていて混乱しています。
実践編の説明の方がより現在の博士の考え方に近いと解釈して良いのでしょうか?

 

Q3:
いつも有益な情報ありがとうございます!
博士の著書を読んでから、腰の負担を考えてデットリフトは床引きをやめて、ハーフでするようにしています。
ワイドグリップで足は肩幅くらいのスタンスで行い、高重量を扱えて満足していますが、背中のトレーニングの後は疲労感が強いです。
そこで質問なのですが、脚の日にハーフデッドリフトを行って、背中のトレーニング日は懸垂やローイング種目のみを行うというのはオーバーワークになってしまいますか?
ハーフデッドリフト自体は背中にのみ効いている感じがあります。

Q4:
クレアチンのことについてお聞きします。
ローディング関係なしに1日に5gのクレアチンを摂っている方は多いと思うのですが、なぜ5gなのかと思いました。
ずっと取り続けていくうえで、もしかしたら1日/5gではなく、倍の1日/10gで取り続けた方が体も大きくしやすかったり、使用重量を伸ばし続けたりとするのではないかと思ったのですが、いかがでしょうか?

 

Q5:
いつもお世話になっております。
私は昔からお腹を壊しやすく、特に朝食後にお腹を壊してしまいます。
このような場合どのようなサプリを摂るのがいいのでしょうか?教えていただけると幸いです。
よろしくお願いします。

 

Q6:
いつも有益な情報ありがとうございます。
現在減量中で1日のタンパク質を体重グラムあたり2.2〜3グラムの間で摂取しています。
食が細い為 食事:プロテインパウダー=5:5の割合ですが、やはりもう少し食事からの量を増やした方が良いでしょうか?

 

Q7:
いつも有益な情報ありがとうございます。
トレーニングでわからないことがあれば、まずは博士の過去のメルマガを検索かける事から始める日々です。
ググるより優先順位が高いって、すごいですよね。
今回は減量期のカロリー摂取量について質問です。
一般的に、カタボらないよう、基礎代謝を下回るような無理な減量はよくないとされているかと思いますが、一方でアミノ酸の摂取はカタボリックを防ぐことができるともされています。
ここで、基礎代謝を下回るようなカロリー摂取下でアミノ酸を摂取した場合、カタボリックは防げるのでしょうか?
できるだけ減量期は短くしたいので、これが可能ならとても楽なのですが。。

 

 

■「私が博士に教わったこと」

「背中」のトレーニングメニューをご紹介いたします。

 

 

■「発行日時・登録」

メルマガは1月18日(金)17時ごろ発行予定です。

 

お楽しみに~

 

メルマガのご購読は、こちらから。
http://www.mag2.com/m/0001493970.html

 

 

Seto

 

 

ページの先頭へ