筋肉 トレーニング・筋トレ に関する事なら、
日本ボディメイキング振興協会
日本ボディメイキング振興協会
筋肉 トレーニング,筋トレに関する事なら、日本ボディメイキング振興協会
筋肉 トレーニング,筋トレに関する事なら、日本ボディメイキング振興協会
筋肉 トレーニング,筋トレに関する事なら、日本ボディメイキング振興協会
新着情報

ミトコンドリアを若返らせるかもしれない単純な物質とは?

2018年9月13日


毎週金曜日は“筋肉博士”山本義徳さんによるボディメイクメルマガ
―エビデンスによる最新ボディメイク― 【博士のダイエット&バルクアップ研究所】の発行日です。

今回のメルマガ(2018/9/14発行号)の内容をご紹介いたします。

 

■「今週のメインテーマ」

メインテーマは、 「ミトコンドリアを若返らせるかもしれない単純な物質とは?」 です。

ミトコンドリアといえば有酸素系のエネルギー産生工場。

そのミトコンドリアは活性酸素の影響を受けやすく、老化しやすいといえます。

実はこのミトコンドリアを若返らせることが可能ではないか、ということがわかってきました。

最近の研究結果と、その若返らせる可能性のある物質について解説してもらいます。

非常に安価ですので試してみる価値は十分にあると思います。

ぜひご活用ください。

 

 

■「Q&A」

Q1:
スクワットやデッドリフトは、腹圧をかけると重いのが挙がると言われましたが、イマイチ腹圧のかけ方がわかりません。
どのようにすれば良いのでしょうか?

 

Q2:
一年ほど前からメルマガを登録させていただき、見させてもらっています。
メルマガを参考に減量時のカロリーを計算しようとしています。
初歩的な質問になるのですが、除脂肪体重とはどうやって調べる(もとめる)のでしょうか?
体重計やinbodyも不正確であるとよく聞きますし、どうすればよいのでしょうか?

 

Q3:
減量期に使用していたEGCG、フォルスコリン、グリーンコーヒー豆のサプリがそれぞれ余っているのですが、増量期に使用してバルクアップに役立てることはできないでしょうか?
メリット、デメリットあるでしょうが簡単に考えをお聞きしたいです。

 

Q4:
毎週メルマガ楽しみにしています。
就寝前のプロテインについて質問があります。
平日は夜トレーニング後プロテイン、1時間後に食事、1時間後に就寝といったスケジュールの時は就寝前のプロテインを飲んでいません。
トレーニングが早めに出来た日など最後の食事から就寝まで3時間程度空くときは就寝前にプロテインを飲んでいます。
しかし、食事から就寝まで2時間ほど空くなど中途半端になったときが、プロテインを飲むか飲まないかで悩んでしまいます。
就寝前にプロテインを飲まないで寝ている間にカタボリックしないか心配ですし、かと言って飲んで余分なタンパク質が体脂肪として蓄えられないかも心配です。
こういったケースの場合はどのようにした方がよろしいでしょうか?
現在はEAAを10g程飲んで寝ています。

 

Q5:
お世話になっております。
初歩的な質問で申し訳ありませんが、アセンディングは毎セット限界(ポジティブフェイラー)まで追い込むのでしょうか。
それとも最後のセット以外は余力を残してやめて、最終セットだけ全力で行うといった感じでしょうか。

 

Q6:
いつもお世話になっております。
私は現在減量目的でCLAやオメガ3等のオイル系サプリメントを摂取しているのですが、これらのサプリメントを1度に2~3錠まとめて摂取すると身体が浮腫んでしまったり肌が脂っぽくベタベタになったりしてしまいます。
CLAを摂ると明らかによく発汗するようになるので効果は出ていると思うのですが、浮腫んでいる分身体は甘く見えますし当然体重の減りも今ひとつです。
減量していても絞れてきたという感覚が薄くモチベーションもあまり上がらずにいます。
このようになってしまうのはもしかするとサプリメントが合わないのでしょうか?
またこうなってしまう原因や対策等、ご存知でしたらお教え願いたいです。
宜しくお願い致します。

 

Q7:
いつもありがとうございます。
今年の健康診断で肝機能のAST、ALTの数値が要受診の値、85、90という数値になりました。
医者に診断していただいた所とりあえず今飲んでいるサプリやめてみてと言われました。
飲んでいるものはαリポ酸、クレアチン、プロテイン、クリルオイル、マルチビタミンミネラル、ビタミンB、C、亜鉛、HMBです。
私はこういうのが関係するとは思えないのですが実際のところ関係したりするのでしょうか?

 

 

■「私が博士に教わったこと」

「胸上部+肩」のトレーニングメニューをご紹介いたします。

 

 

■「発行日時・登録」

メルマガは9月14日(金)17時ごろ発行予定です。

 

お楽しみに~

 

メルマガのご購読は、こちらから。
http://www.mag2.com/m/0001493970.html

 

 

Seto

 

 

ページのTOPへ