筋肉 トレーニング・筋トレ に関する事なら、
take3GYM
take3GYM
筋肉 トレーニング,筋トレに関する事なら、take3GYM
筋肉 トレーニング,筋トレに関する事なら、take3GYM
筋肉 トレーニング,筋トレに関する事なら、take3GYM
新着情報

コンテスト・プリパレーション Part 6

2018年7月19日


毎週金曜日は“筋肉博士”山本義徳さんによるボディメイクメルマガ
―エビデンスによる最新ボディメイク― 【博士のダイエット&バルクアップ研究所】の発行日です。

今回のメルマガ(2018/7/20発行号)の内容をご紹介いたします。

 

■「今週のメインテーマ」

メインテーマは、 「コンテスト・プリパレーション Part 6」 です。

 

今回はローファットダイエットについてです。

ローファットダイエットはその名の通り、脂肪の摂取を少なくするダイエット方法です。

ということは、炭水化物とタンパク質はしっかり摂取するということ。

では炭水化物とタンパク質はどのような食材から摂取することが望ましいでしょうか?

●●が低い炭水化物というのはもちろんですが、それ以外の理由も含めてお勧めの食材をいくつかご紹介します。

またタンパク質も同様に、脂肪が少ないものという理由だけでなく考えることができるようになります。

 

そして、ローファットダイエット時ならではのサプリメントのご紹介します。

 

お楽しみに~

 

 

■「Q&A」

Q1:
いつも有益な情報ありがとうございます。
上腕三頭筋のトレーニングにおいて手関節を掌屈させた方が腱への負担を減らすことが出来る理由を詳しく教えて頂きたいです。
自分も感覚的には腱への負担が減る感じはするのですが、解剖学、運動学的にどうしてなのか調べてもわかりません。
回答の程よろしくお願いします。

 

Q2:
山本先生
いつも貴重な情報をありがとうございます。
グルタミンについてお伺い致します。
私は夕食後に歯磨きをし、その後で就寝前にグルタミンを飲みます。
この場合虫歯を防ぐ為にはグルタミンを飲んだ後にも歯を磨いた方がいいでしょうか?
教えて下さい。

 

Q3:
はじめまして。
いつもメルマガ楽しみにしております。
先日、会社の健康診断の結果が返ってきたのですが、脂質代謝検査の項目でE判定を受けてしまい、精密検査が必要とのことです。
具体的には、総コレステロールとLDLコレステロールの値が基準値以上でそれぞれ278、189となっております。
ちなみにHDLコレステロールは74、中性脂肪は47と基準値以内です。
検査当日は年齢29歳、ローカーボダイエット10週目に入って体重も10kg落とした頃だったので、まさかコレステロールの値でひっかかるとは思っておらず、正直ショックです。
ただ、ダイエット前は体重を20kg増やし、かなり多く脂肪をつけながらのバルクアップを行なっていたので、この期間に増えたであろうコレステロール値がダイエットでも減らし切れなかったのかな、と推測しています。
現在は緩めのバルクアップを行なっており、気持ちとしてはこのままバルクアップを継続したいのですが、検査結果を尊重して食事制限すべきでしょうか?
また、食事やサプリメントについて注意すべき点がありましたら、ご教授いただけますと幸いです。

 

Q4:
いつもメルマガ楽しみにしております。
GVTについての質問なのですが、最近では10回10セットよりも5セットの方が効果が高いと聞きます。
それは10回10セットで行う重量で5セットに抑えるのか、それとも5セット用の重量にするのかどちらなのでしょうか?

 

Q5:
いつもメルマガ楽しみにしております。
博士のブログにて「六味地黄丸」が補腎剤として紹介されていて、一度試してみたいのですが摂取量の目安はどれくらいでしょうか?
184cm 90kg(除脂肪体重は把握しておりません)
また摂取量の目安の参考になるような文献はありますか?

 

Q6:
毎週メルマガを楽しみにしています!
前々回からのコンテスト・プリパレーションは情報源として特に助かっております。
それに付随しての質問なのですが、コンテスト1週間前~の常飲しているサプリはどのようにしたら良いのでしょうか?
コンテスト当日の朝まで通常通り大丈夫なのでしょうか?
現在飲んでいるサプリはアニマルパックorエランバイタル、B、C、E、αリポ酸、PS、DHA&EPA、アルギニン、ALC、チロシン、イヌリン、レシチン、ユビキノール、CLA、御岳百草丸、アシュワガンダ、GABA、グリシン、5-HTP、メラトニン、ketoBHBなどです。

 

Q7:
いつもお世話になっております。
僕はブルガリアンスクワットでダンベル片方25㎏を持ちながら行っているのですが、必ずといっていいほどふらついてしまいます。
これはダンベルの重量が重すぎるのでしょうか?
また、ふらつかないためのコツのようなものがあれば教えて頂きたいです。
よろしくお願いします。

 

 

■「私が博士に教わったこと」

「肩+腹筋」のトレーニングメニューをご紹介いたします。

 

 

■「発行日時・登録」

メルマガは7月20日(金)17時ごろ発行予定です。

 

お楽しみに~

 

メルマガのご購読は、こちらから。
http://www.mag2.com/m/0001493970.html

 

 

seto

 

 

ページの先頭へ