筋肉 トレーニング・筋トレ に関する事なら、
日本ボディメイキング振興協会
日本ボディメイキング振興協会
筋肉 トレーニング,筋トレに関する事なら、日本ボディメイキング振興協会
筋肉 トレーニング,筋トレに関する事なら、日本ボディメイキング振興協会
筋肉 トレーニング,筋トレに関する事なら、日本ボディメイキング振興協会
新着情報

筆者お気に入りのサプリメント Part 1

2018年5月10日


毎週金曜日は“筋肉博士”山本義徳さんによるボディメイクメルマガ
―エビデンスによる最新ボディメイク― 【博士のダイエット&バルクアップ研究所】の発行日です。

今回のメルマガ(2018/5/11発行号)の内容をご紹介いたします。

 

■「今週のメインテーマ」

メインテーマは、 「筆者お気に入りのサプリメント Part 1」 です。

今回はめちゃめちゃ面白いです!

あ、毎回のように言っていて申し訳ありません・・・

でも本当に面白いからしょうがないですよね(^^)

博士のお勧めのサプリメントシリーズです!

しかも商品名まで教えてくれています!

※ただしプロテインなど当たり前に摂取するものは省略しています。

非常に勉強になりますし、ボディメイキングだけではなく、健康に役立つ情報も満載ですのでご自身はもちろんご家族や周りの人にとっても大きな財産となる内容だと思います!

ぜひお役立てください~

私もさっそくポチっとします(^^)

 

■「Q&A」

Q1:
お世話になっております。
プッシュ・プルで分けるのは古く、腕はなるべくフレッシュな状態で鍛えるのが良いという事で
A 胸+二頭筋
B 背中+三頭筋
というように分け、各部位中4日程度で刺激できるようスケジュールを組んでいます。
そうすると月曜A、水曜B、土曜Aという様な形になると思いますが、二頭や三頭は胸背中の種目含め週3回(1日から2日おき)刺激されてしまいますが回復は間に合うのでしょうか。
三頭が筋肉痛のまま胸の日を迎えたりするので心配になり質問させて頂きました。
あえてプッシュ・プルで分けるかわりに腕の種目は1種目メイン1セット程度にしてきちんと中4日休ませるのとどちらが良いのでしょうか。

 

Q2:
現在20代でなかなかニキビやニキビ跡が消えません。
博士のオススメのニキビ・ニキビ跡に効くビタミンやサプリメント、軟膏など教えていただけると幸いです。

 

Q3:
現在、ローファットにてダイエットをしているのですが、体重が停滞してしまっています。
ただ、トレーニングの重量がどんどん伸びているのです。
摂取カロリーを減らして行くか、重量が伸びているのだからこのままのカロリー摂取で続けるか悩んでいます。
家庭の事情でローカーボにはなかなか出来ないのですがカロリーを減らすかそのままかどちらがいいのでしょうか?

 

Q4:
いつも有益な情報ありがとうございます。
質問です。
クロースインクラインダンベルプレスをしている時に、誤ってダンベルで手を挟んでしまいました。
骨折はしていなかったのですが、医師からはおそらく右手小指の第1関節の靭帯が損傷していると言われました。
そこで、1ヶ月くらいは足のトレーニングのみにし、その後患部の状態を見ながら徐々に上半身のトレーニングを再開しようと考えています。
その際、やらない方がよい種目、あるいはお勧めの種目等あれば御教授ください。

 

Q5:
いつもお世話になっております。
私は競技として470というヨットに乗っています。
セーリング中の筋活動の主体は、持続的な筋収縮であると考えています。(尤も、風速などの変化にあわせて姿勢を連続的に変化させるため、純粋な等尺性収縮とは言えないとは思います。)
使われる筋肉は大腿四頭筋、脊柱起立筋、腹筋、上腕二頭筋を中心として様々だと考えられています。
また、中風から強風域でのレースの運動強度は、平均で最大酸素摂取量の60~70%に相当するというデータがあります。
練習は午前午後各々3時間半程行います。
上記を踏まえ、
1.集中力持続及び筋疲労軽減のために、セーリング練習中にドリンクは何を飲めばよいでしょうか?
現在は練習中にbcaa7g、練習後にホエイ、クレアチンを摂取しております。

 

Q6:
(上記つづき)
2.夏場などでは2週間程毎日練習を行います。
その際、エランバイタルに加え、日々特に摂取した方がよいサプリメントがあれば教えて頂ければ幸いです。

 

Q7:
(上記つづき)
3.ベータアラニンは数時間に渡る運動においても有効でしょうか?

 

■「私が博士に教わったこと」

「脚」のトレーニングメニューをご紹介いたします。

 

 

■「発行日時・登録」

メルマガは5月11日(金)17時ごろ発行予定です。

 

お楽しみに~

 

メルマガのご購読は、こちらから。
http://www.mag2.com/m/0001493970.html

 

 

seto

 

 

ページのTOPへ