筋肉 トレーニング・筋トレ に関する事なら、
日本ボディメイキング振興協会
日本ボディメイキング振興協会
筋肉 トレーニング,筋トレに関する事なら、日本ボディメイキング振興協会
筋肉 トレーニング,筋トレに関する事なら、日本ボディメイキング振興協会
筋肉 トレーニング,筋トレに関する事なら、日本ボディメイキング振興協会
新着情報

αリノレン酸は摂るべきか?

2018年3月29日


毎週金曜日は“筋肉博士”山本義徳さんによるボディメイクメルマガ
―エビデンスによる最新ボディメイク― 【博士のダイエット&バルクアップ研究所】の発行日です。

今回のメルマガ(2018/3/30発行号)の内容をご紹介いたします。

 

■「今週のメインテーマ」

メインテーマは、 「αリノレン酸は摂るべきか?」 です。

脂肪といえば博士です(笑)

今でこそ脂肪の重要性が多くのトレーナーそしてトレーニーに浸透してきましたが、20年以上前から博士は脂肪の重要性を語り、就寝前のプロテインに脂肪を入れることをお勧めしていました。

最近ではシソ油やエゴマ油、アマニ油などを飲んだり勧めたりする人も多くなりました。

これらの主な脂肪は「αリノレン酸」です。

では、αリノレン酸は本当に必要なのでしょうか?

基本的にαリノレン酸はEPAやDHAとなって体に良い働きを・・と考えると、αリノレン酸は必要ないようにも思えます。

しかし、どうやらそれだけでもないようです。

また、シソ油やエゴマ油とアマニ油との違いも解説しています。

注意点もありますので、正しい知識で健康に役立ててください。

 

■「Q&A」

 

Q1:
こんにちは。
いつもメルマガ楽しみにしています!
ローカーボ・ダイエットで質問です。
職場の都合上毎日糖質制限を続けることが難しいのですが、1~3日糖質制限し次の日は低脂肪食にして、短いスパンで食事法を変えるのは減量に有効でしょうか?
それとも単純に低脂肪食にすべきでしょうか?

 

Q2:
いつもお世話になっております。
限界(ポジティブフェイラー)まで行う場合、最後の1~2レップスは粘り挙げのようになると思います。
そこでですが、粘り挙げをせず最大速度を保てなくなったら(拳上速度が遅くなってきたら)やめてそれを数セット行った方が速筋的にも仕事量的にも効果的という意見もありますが、
A:限界まで行うのを1~2セット
B:挙上速度が落ちたらやめるのを数セット
どちらが筋肥大に有効でしょうか。
(私はAが筋肥大向きでBが筋力向きと考えております)

 

Q3:
いつも楽しみに読んでおります!
現在、減量中ですが下腹部の脂肪が気になります。
脂肪が落ちる順番はありますか?

 

Q4:
いつもお世話になっております。
線形と非線形ピリオダイゼーションの比較実験はいくつかありますが、1回のトレーニングに全部行う場合と非線形ピリオダイゼーションとの比較実験はございますか。
1回で全部というのは、例えば胸ならベンチプレスを5RM・インクラインフライを10RM・ケーブルクロスを40RM行う、といった感じです。
海外のプロビルダー等はこのようなプログラミングを行う人が多いので、どちらが効果的か気になり質問致しました。
よろしくお願い致します。

 

Q5:
ホエイプロテインを1日4~5回飲んでいる場合にはマグネシウムのみ追加で飲む方がいいのでしょうか??
また、総比率を上げる為に、カルシウムマグネシウムの複合サプリメントと追加でマグネシウムのサプリメントを飲む方がいいのでしょうか?

 

Q6:
四月から社会人になるのですが、おそらく今までのように日中頻繁にプロテインを飲むことが出来なくなります。
そうなるとやはり空腹の時間が増え、カタボリックな状況が増えてしまうと思われるのですが何か得策はあるでしょうか?
現在、魔法瓶構造の水筒にアミノ酸(EAAやBCAA)を溶かして持っていき、ちょくちょく飲む方法を取ろうかと考えているのですが、問題ないでしょうか?

 

Q7:
筋肥大の内訳の中で細胞外マトリックスの比率が高いという記事をみました。
そこでコラーゲン合成を高めるためにネガティブトレーニングは必須だと思うのですが、サプリメントはなにを摂取するべきでしょうか。
コラーゲンペプチドとして摂取するべきなのか、また自分自身20歳とまだ若いので、合成の材料としてグリシン、アルギニン、ビタミンCを摂取すればいいのか。
はたまた、若いので摂取する必要はないのか。
ぜひ教えていただければと思います。
よろしくお願いします。

 

 

■「私が博士に教わったこと」

「背中」のトレーニングメニューをご紹介いたします。

 

 

■「発行日時・登録」

メルマガは3月30日(金)17時ごろ発行予定です。

 

お楽しみに~

 

メルマガのご購読は、こちらから。
http://www.mag2.com/m/0001493970.html

 

 

seto

 

 

ページのTOPへ