筋肉 トレーニング・筋トレ に関する事なら、
日本ボディメイキング振興協会
日本ボディメイキング振興協会
筋肉 トレーニング,筋トレに関する事なら、日本ボディメイキング振興協会
筋肉 トレーニング,筋トレに関する事なら、日本ボディメイキング振興協会
筋肉 トレーニング,筋トレに関する事なら、日本ボディメイキング振興協会
新着情報

高脂肪食はインスリン抵抗性を引き起こす?

2018年1月18日


毎週金曜日は“筋肉博士”山本義徳さんによるボディメイクメルマガ
―エビデンスによる最新ボディメイク― 【博士のダイエット&バルクアップ研究所】の発行日です。

今回のメルマガ(2018/1/19発行号)の内容をご紹介いたします。

 

■「今週のメインテーマ」

メインテーマは、 「高脂肪食はインスリン抵抗性を引き起こす?」 です。

 

当メールマガジン読者の方にはもう常識となっているかもしれませんが、正しく糖質制限を行うためには高脂肪食が必要となります。

一方で、「高脂肪食はインスリン抵抗性を引き起こす」という論文もあります。

さてさて、どのように考えれば良いのでしょうか。

論文一つで短絡的に結論を出すのではなく、ちょっと理論的に考えて、リスクを減らしリターンを多くしたいものですね。

 

■「Q&A」

Q1:
いつもメルマガ楽しみにしています!
朝イチでの炭水化物摂取について質問があります。
起床後すぐにEAAを摂取して、しばらくしてプロテインとオートミールorサツマイモを食べています。
朝イチは糖新生を抑えるために高GIの炭水化物の方が良いのでしょうか?
それともバルクアップ期と減量期でGI値を変えた方が良いのでしょうか?
よろしくお願いします。

 

Q2:
いつも勉強させて頂いております。
現在ハレオのvivoというMVMサプリメントを摂っています。
非常に効果を実感していて良いのですが、エランバイタル等の海外製のMVMサプリメントと比べるとビタミン、ミネラルの量が非常に少なく、vivoのみで必要量が摂れているのか疑問に思っています。
もし足りていない場合、エランバイタル等のメガビタミン系のサプリメントも追加で摂った方が良いのでしょうか?

 

Q3:
有酸素運動やHIITの時は、カーボドリンクは避けるべきでしょうか?
またトレーニング後にHIITを行う事が多いのですが、イントラで飲んでいたパープルラース、MDをそのまま飲むのは脂肪燃焼という観点から問題無いのでしょうか?

 

Q4:
いつも有益な情報をありがとうございます。
早速質問に移らせていただきます。
高重量低レップでのトレーニングをすると頭痛、吐き気がします。
ならないための対処法やなった時のための対処法をお教えください。

 

Q5:
いつもメルマガ楽しみにしています。
私は30才男性なのですが、いわゆる糖尿病家系です。
トレーニング中、トレーニング後にマルトデキストリン等で糖質を摂取すると糖尿病のリスクが上がってしまうのでしょうか?

 

Q6:
いつもお世話になっています。
『山本義徳 業績集8』の中での質問です。
マンデルブロトレーニングのphase1の「追い込む場合、追い込まない場合」とphase 2の「無理に追い込まず」とありますが、それぞれどのように捉えればよいか迷っております。
「追い込む」とはフォーストの事でよろしいのでしょうか?

もう一つ、非線形ピリオダイゼーションについて、これはコンパウンド種目・アイソレート種目どちらでも効果があるようですが、例えば二頭のトレーニングの場合では全ての種目を非線形ピリオダイゼーションのプログラムでやればよいでしょうか?
マンデルブロトレーニングは今年からやってみようと思いますので、モヤモヤを無くしたいため初歩的な質問で申し訳ないです…

 

Q7:
質問なのですが、仕事が9時から17時までなのですが、朝ごはんを8時に食べ12時にお昼ご飯を食べるのですが、筋肥大、バルクアップさせるために、プロテインやBCAA、EAAをどのぐらい仕事中に飲めば、アナボリックな状態を継続できるでしょうか?
ベストな方法をお願いします!
トレーニングは19時から開始します!

 

■「私が博士に教わったこと」

「背中」のトレーニングメニューをご紹介します。

 

■「プレゼント」

読者様プレゼント企画を行っていますので、ぜひご応募ください!

プレゼント内容はこちら
http://www.101bm.com/topics/201801051125_1518.html

 

■「発行日時・登録」

メルマガは1月19日(金)17時ごろ発行予定です。

 

お楽しみに~

メルマガのご購読は、こちらから。
http://www.mag2.com/m/0001493970.html

 

 

 

 

seto

ページのTOPへ