筋肉 トレーニング・筋トレ に関する事なら、
take3GYM
take3GYM
筋肉 トレーニング,筋トレに関する事なら、take3GYM
筋肉 トレーニング,筋トレに関する事なら、take3GYM
筋肉 トレーニング,筋トレに関する事なら、take3GYM
新着情報

ミスターオリンピア2017~予習編~

2017年9月12日


今年もいよいよミスターオリンピアの季節となりました!

というわけで、とりあえず予習しておきましょう!

 

オリンピア

まずはオリンピアの概要から。

ご存じ、ボディビルの世界一決定戦。

ボディビルもいろんな世界一がありますが、現在のところ正真正銘のボディビル世界一はこのミスターオリンピアでしょう。

そして、現在ではオリンピアで行われる競技はボディビルだけではありません。

さまざまな競技あり、エキスポありのまさに「フィットネスの祭典」です。

どのような競技があるか、簡単に説明してみます。

とはいえ、主観によるものもあるので、正確な定義とはもしかしたら違うかもしれませんのでご了承を。

 

 

ミスターオリンピア

オープンクラス(無差別級)のボディビルです。

オリンピアウィークエンドの中でもメインイベントです!

 

 

 

212オリンピア

こちらもボディビルです。

212とは何を意味するのでしょうか?

実は、体重です。

ポンド表記の体重で、212ポンドは約96kgです。

要するに、212ポンド以下の世界一を決めようということです。

以前は202でしたが、(フレックスルイスというスターのために?)現在では212となっています。

オープンクラスと違い身長も同じくらいで、ちょっとした仕上がりの違いで順位が変わるので面白いです。

 

 

 

メンズフィジークオリンピア

メンズフィジークは日本でも大人気ですが、それの頂点に立つのがオリンピアチャンピオンです。

サーフパンツを履いて競技を行います。

広い肩幅、細いウェスト、肩からウェストにかけての背中のライン、顔までも審査対象です。

アマチュアではサイドポーズがありますが、プロはフロントとバックのみの審査となります。

 

クラシックフィジークオリンピア

クラシックフィジークという名前ですが、クラシックボディビルといった方がイメージがつきやすいかもしれません。

スパッツのようなサイドの幅のあるパンツ(長方形に近い)を履いて行います。

身長によって体重のリミットが決まっていて、クラシックなスタイルで細いウェスト、巨大すぎない筋肉となります。

脚ももちろん審査対象です。

 

ここまでが男子の競技となります。

女子の方も簡単に説明しましょう。

 

ウィメンズフィジークオリンピア

現在では女子ボディビルがなくなったため、フィジークが女子でもっとも筋量のある競技となります。

フリーポーズでは、ボディビルに少しフィットネスの要素も加わったような華やかなポーズとなります。

 

フィットネスオリンピア

ボディビルのような体の比較を行うプレジャッジとアクロバットなパフォーマンスを行うファイナルの両方の要素が必要となる競技です。

ボディビル並みのコンディションであれだけのパフォーマンスを行うのは、本当にすごいことだと思います。

なお、審査はファイナルの方に重点が置かれているため、たとえはプレジャッジで3位であったとしてもファイナルで1位であれば優勝できます。

 

フィギュアオリンピア

もともと女子ボディビルではなく、もっと女性らしさも含めて競おうという意図で作られた(と思われる)カテゴリー。

ただし今では、前述のフィジークとこの後のビキニに挟まれて、個人的には最も難しいカテゴリーとなってしまいました。

なお、女性らしさは十分にありますが、私はたぶん余裕で負けます。。。

 

ビキニオリンピア

現在、男子のフィジークと並んで大人気なのが、このビキニ。

お尻がかなり重要。

アマチュアのように背中を広げて強調することもなく、バックポーズでも髪を下している人が多いです。

顔もかわいいし、年齢も若い。

何連覇もするのが最も難しいカテゴリーと思われます。

 

 

 

書いていて気づきましたが、競技カテゴリーも増えに増えて、8つもあるのですね!

これにエキスポやその他ファンのためのイベントも加わります。

さて、次はこれらも含めて今年のスケジュールを見てみましょう。

 

 

 

スケジュール

例年、オリンピアウィークエンドは9月の第3くらいの木曜日から日曜日となります。

そのうちのコンテストが行われるメインは金曜日と土曜日。

ではスケジュールを順に見ていきましょう。

 

ちなみに、日本との時差は16時間。

日本時間に8時間を足して前日にするとラスベガス時間となります。

 

9月14日(木)

アマチュアオリンピア

9:00~

今年からアマチュアオリンピア・ラスベガスが始まりました。

これまでいくつかの国が行われてきたアマチュアオリンピアですが、ついに今年からアメリカでも行われます。

そして、通常はウィークエンドに行われるのですが、アメリカではプロのオリンピアと同じ週の木曜日に行われることになりました。

アーノルドクラシックの成功に影響されたのでしょうね。

たしか、ここのオーバーオールで2位か3位までに入ればプロカードをもらえます。

なお、オリンピアのVIPチケットを持っていても、アマチュアオリンピアのチケットは別に購入しないといけないようです。

 

プレスカンファレンス

12:00~

文字通り、記者会見です。

これはオープンクラスのボディビルに出場する選手のみです。

過去にはフィル・ヒースとカイ・グリーンがやりあったりと、本戦への興奮を高めてくれます。

一般の人にも開放していますが、VIPチケットを持っている人は先に入れます。

 

ミート・ザ・オリンピアン

19:00~

オリンピアン(オリンピア出場選手)に会えるイベントです。

ボディビルだけではなく、全カテゴリーの選手がそれぞれブースをもってファンと交流します。

人気選手はすごく並ぶことになります。

なお、VIPチケットは19:00からの入場で、一般の人は20:00からとなります。

 

9月15日(金)

エキスポ

サプリメントやトレーニングギア、その他さまざまなイベントが行われるエキスポ。

フィットネス関係者はこれだけでも来る価値があります!

日本のフィットネスエキスポのイメージとは全く違いますよ!

なお、後述する競技の他にも、ストロングマンや格闘技などいろいろなスポーツがエキスポのあちこちにて同時進行で行われています。

例年はVIPチケットは9:00から入場できましたが、今年はなんと8:00です!

さらに寝不足になりそうですね。

そしてエキスポのファストパスなるものができたようで、こちらは9:00入場。

その他一般チケットの人は10:00からとなります。

 

 

プレジャッジ:フィットネス、ビキニ、フィギュア、クラシックフィジーク

エキスポの一番奥にはステージが設けられており、これらのプレジャッジはこのエキスポ内のステージにて行われます。

VIPチケットの人は、柵内の自由席スペースに入ることができ、座って観戦できます。

一般の人は立ち見です。

エキスポ見学に疲れたところで休める、という意味でもVIPの方がお勧めです。

 

FLEXマガジンモデルサーチ

13:30~

大手フィットネスマガジンのFLEXマガジンのモデルを広く一般から募集するコンテストです。

競技は男子はフィジーク、女子はビキニとほぼ同じです。

誰でも参加費を払えば出場できるオープンなイベントです。

今年はメンズの方にも日本からの選手が出場するようです。

 

ファイナル:フィットネス、フィギュア、クラシックフィジーク
プレジャッジ:212、ミスターオリンピア

19:00~

ナイトショーは場所をオーリンズアリーナに移して行われます。

プロのコンテスト!という雰囲気で行われます。

ネット配信があるのは、おそらくこの金曜と土曜のナイトショーのみだと思われます。

昨年はクラシックフィジークはファイナルもエキスポ内で行われましたが、今年はアリーナでのナイトショーで行われるようです。

 

9月16日(土)

エキスポ

前日と同じように行われます。

入場時間も同様です。

 

プレジャッジ&ファイナル:メンズフィジーク、ウィメンズフィジーク

10:00~

エキスポ内ステージにて行われます。

 

フレックスマガジンモデルサーチ ファイナル

13:00~

前日に行われたモデルサーチのファイナルです。

ここでの優勝者が、プロのコンテストの表彰式にてプレゼンターを務めたりします。

 

ファイナル:ビキニ、212、ミスターオリンピア

19:00~

これらのファイナルは、オーリンズアリーナにてナイトショーとして行われます。

いきなりミスターオリンピアのフリーポーズから始まったりするので、遅れないようにしなければいけません!

 

ビクトリーガーラ

23:00~

ちょっとしたパーティーのようなものです。

基本的に選手も参加ですし、自由席なので思わぬ選手と同席することもあります。

VIPチケットの特権の一つです。

 

9月17日(日)

スーパースターセミナー

11:00~

各カテゴリーの優勝者を中心としたセミナーです。

主に質疑応答です。

セミナー開始前は選手もブースを出していたりするので、写真を撮ったりできる穴場イベントです。

これもVIPチケットの特権です。

 

だいたい以上が主なイベントとなります。

その他詳しく知りたい方は、オリンピアの公式HPをご覧ください。

 

 

seto

 

 

 

ページの先頭へ