筋肉 トレーニング・筋トレ に関する事なら、
日本ボディメイキング振興協会
日本ボディメイキング振興協会
筋肉 トレーニング,筋トレに関する事なら、日本ボディメイキング振興協会
筋肉 トレーニング,筋トレに関する事なら、日本ボディメイキング振興協会
筋肉 トレーニング,筋トレに関する事なら、日本ボディメイキング振興協会
新着情報

育毛薬にアレを混ぜれば?

2017年7月27日


毎週金曜日は“筋肉博士”山本義徳さんによるボディメイクメルマガ
―エビデンスによる最新ボディメイク― 【博士のダイエット&バルクアップ研究所】の発行日です。

今回のメルマガ(2017/7/28発行号)の内容をご紹介いたします。

◆「今週のメインテーマ」

メインテーマは、 「育毛薬にアレを混ぜれば?」 です。

 

平気な人には平気ですが、気になる人には切実で永遠のテーマである“育毛”。

私も以前は全く気にならなかったのですが、歳を取ってきて気になってきました。

トレーニングをする理由の一つが、禿げてもかっこよくいたいからです!(笑)

とはいえ、なくならないでいてくれるなら、なくならないで欲しいですよね。

Q&Aでも時々あるので、今回は育毛に関する内容です。

ある病気の薬の副作用として育毛の効果がある、などとても面白い内容です。

 

◆「Q&A」

Q1:
いつもメルマガ楽しみしております!
現在減量9週間目(-5㎏)コンテストコンディション目指して減量中のトレ歴2年半20代男です。
質問です。
腰周りの脂肪(両サイド)がなかなか落ちません。
みぞおち皮膚厚が7mmなのに対し、腰周りの皮膚厚は20mmほどあります。(キャリパーで計測)
減量初心者なのでよくわからないのですが、このまま減量を続けていけば落ちるでしょうか?
もし何か対策がありましたらご教示ください。
またコンテストコンディションになると、腰周りの皮膚厚は何mmくらいになりますか?
以上よろしくお願いいたします。
Q2:
博士が推薦していたMVMを海外サイトから購入しているのですが、欠品などで補充したくても買えないことが多々あり、その時は仕方なく国産モノで間に合わせています。
国産の場合だと、足りない成分を単品で補ったりしているのでコストが高くつきます。

博士自身もビタミン&ミネラルの重要さを散々説いてきましたが、今後において博士が監修したベスト配合のMVMがリリースされる予定はないのでしょうか。
みなさん絶対に買われると思うのですが、それともリリースしない特別な理由があるのでしょうか。
今後、バーサーカーから販売されることを心待ちしています。
Q3:
ダイエット中の食事量について質問があるのですが、なかなか設定した量のタンパク質、脂質が取れません。
食欲が湧かず、なかなか食べられないのですがこのような場合無理に食べずに今のままの量で様子見をするべきでしょうか?
それとも、消化酵素などを導入して設定した量を食べられるようにした方が良いのでしょうか?
Q4:
塩分と汗疹の関係についての質問です。
この時期タイムリーな話なのですが、以前は夏になると酷い汗疹になることも多く非常に悩まされていました。
ステロイド軟膏などを塗っても改善されることはなく、とあるきっかけで塩分との関係があるのではないかと疑うようになり、意図的に多めの塩分を取るようになった今は以前ほど汗疹も出にくくなりました。
当方味覚過敏症でどうしても塩分が少なくなりがちで熱中症になった経験もあるのですが、この汗疹と塩分の関係というのは本当にあり得るのでしょうか?
宜しくお願いします。
Q5:
三角筋中部についての質問です。
三角筋中部は羽状筋なので高負荷の刺激を与えるのが良いと思うのですが、サイドレイズで軽い重量でやるより重たい重量を扱ったほうが筋肥大にはいいのでしょうか?
サイドレイズは比較的軽い重量でハイレップやるのが基本的になっていますが、日本のトップビルダーは重たい重量でやっているイメージがあります。
どちらが効果的なのでしょうか?
両方やるのがいいと思いますが、片方だけやるのであればどちらがいいでしょうか?
よろしくお願い致します。
Q6:
前回、脱毛について質問したものです。
最近ポストフィナステリドというフィナステリドを使うと服用を辞めても副作用が起きる現象があるそうです。
勝手な推測ですが、フィナステリドを使うと一時的にテストステロンとエストロゲンは増えるはずです。
そして内因性のテストステロンが多くなった結果のネガティブフィードバックだと思います。
そこでこれを防ぐためにはクロミッド等の正常なテストステロンを促進するサプリが有効ですか??
よろしくお願いします。
Q7:
いつも有益な情報をありがとうございます!
トレーニング時にはクレアpIを摂取しているのですが、トレーニングオフ日に有酸素運動やHIITを行う場合にもクレアpIを摂取した方が良いでしょうか。
HIITの場合には時間が短く1回分を飲み切るのは難しいため、運動中にできるだけ飲んで残りは終了直後に飲もうか、などで迷っております。
よろしくお願いいたします。

 

◆「私が博士に教わったこと」

「背中+上腕二頭筋」のトレーニングメニューをお伝えします。

お楽しみ~

メルマガは7月28日(金)17時ごろ発行予定です。

 

メルマガのご購読は、こちらから。

 

 

seto

ページのTOPへ