筋肉 トレーニング・筋トレ に関する事なら、
日本ボディメイキング振興協会
日本ボディメイキング振興協会
筋肉 トレーニング,筋トレに関する事なら、日本ボディメイキング振興協会
筋肉 トレーニング,筋トレに関する事なら、日本ボディメイキング振興協会
筋肉 トレーニング,筋トレに関する事なら、日本ボディメイキング振興協会
新着情報

トレーニーのデンタルケア Part 2

2018年2月20日

毎週金曜日は“筋肉博士”山本義徳さんによるボディメイクメルマガ
―エビデンスによる最新ボディメイク― 【博士のダイエット&バルクアップ研究所】の発行日です。

今回のメルマガ(2018/2/23発行号)の内容をご紹介いたします。

 

■「今週のメインテーマ」

メインテーマは、 「トレーニーのデンタルケア Part 2」 です。

前回に引き続き、「歯」のお話です。

今回は歯周病についてです。

歯だけの問題かと思いきや、癌やその他の病気の原因にもなるとのこと。

予防については一般的にはまず歯磨き等を考えますが、それだけではなく体のことですのでもちろん栄養も重要です!

丈夫な歯で、健康でかっこいいカラダを作りましょう!

 

 

■「Q&A」

Q1:
いつも有益な情報をありがとうございます!
私は、毎日昼食にサバ缶を食べているのですが、健康的に問題はないでしょうか?
原材料は、国産サバと食塩のみですが、缶詰めであることや食塩の摂りすぎにはならないかと心配しています。
よろしくお願いします。

 

Q2:
いつもメルマガ楽しみにしております。
地中海式ダイエット時のカーボ量について質問です。
バックナンバー(Vol.177)にて紹介された研究によると、「脂質摂取量は全体の○5%程度に抑えられている」とありますが、CPF比のCを割り出すにはPは絶対量として、P(体重x2.3~2.5)とF(○5%)を目標カロリーから差っ引いた値でよいでしょうか?
また、ローファット→ローカーボの組み合わせを、地中海式→ローカーボとするのは有効でしょうか?

 

Q3:
山本先生いつも貴重な情報をありがとうございます。
コンテスト出場に向けての調整法(水抜きやカーボアップ等)を学びたいのですが、何か参考になる書籍などは有りますでしょうか?
もしなければ、今後山本先生が出される業績集の中で取り扱って頂けないでしょうか?
宜しくお願い致します。

 

Q4:
「寝ている時」と「起きている時」では糖新生のスピードの差はあるでしょうか?
よろしくお願いいたします。

 

Q5:
山本博士いつも有益な情報ありがとうございます。
私は増量時に、食事をハイカーボに一ヶ月ほどすると、足首や膝や腰などに関節痛の様なものを感じます。
ローカーボの時はおこらないのですが、何故かハイカーボの時にだけ起こります。
痛くて歩けないとかでは全然なく、違和感がある様な程度ですのでトレーニングなどは普通に出来ます。
この様な症状の原因はなんなのでしょうか?
体重が増えた事による関節への負担なのでしょうか?
またこの対策方法とサプリメントなどを教えていただきたいです。

 

Q6:
いつもメルマガ楽しみにしています!
『ビタミンのすべて』を読ませて頂き、Elan Vitalを購入することにしました。
そこで質問なのですが、著書で取りあげられていた、脂溶性ビタミンCやビタミンE(Tocomin SupraBio)のサプリメントを追加で買うべきか、Elan Vitalのみで十分なのか悩んでいます。
もちろん個人差があり一概には言えないとは思いますが、御教授願います。
ちなみに30歳でトレーニング以外にテニスを頻繁にしており、抗酸化物質は積極的に摂りたいと考えています。

 

Q7:
いつもメルマガの配信ありがとうございます!
とても勉強になっております!
ローカーボダイエットを実行したいのですが、1日で絶対に茶碗一杯の白米か100gのうどんを食べないといけない状況なのですがローカーボダイエットできるでしょうか?
ローファットの方がいいでしょうか?
男性25歳で身長180センチ、体重83キロ、体脂肪率おおよそで12~14%です!
よろしくお願いいたします!

 

■「私が博士に教わったこと」

「背中」のトレーニングメニューをご紹介いたします。

 

■「発行日時・登録」

メルマガは2月23日(金)17時ごろ発行予定です。

お楽しみに~

 

メルマガのご購読は、こちらから。
http://www.mag2.com/m/0001493970.html

 

 

 

 

seto

 

 

トレーニーのデンタルケア Part 1

2018年2月15日

毎週金曜日は“筋肉博士”山本義徳さんによるボディメイクメルマガ
―エビデンスによる最新ボディメイク― 【博士のダイエット&バルクアップ研究所】の発行日です。

今回のメルマガ(2018/2/16発行号)の内容をご紹介いたします。

 

■「今週のメインテーマ」

メインテーマは、 「トレーニーのデンタルケア Part 1」 です。

実はトレーニーに多い「歯」の問題。

トレーニングによって食いしばることもそうですが、飲食回数が多いことも歯にとってはマイナスのようです。

しかし、だからといって飲食回数を減らす訳にもいきませんので、しっかり対策を立てて歯も体も健康でいたいものです。

トレーニーには歯科関係の方も多いので、そういう方にとっては当たり前のことかもしれませんが、知らない方にとっては知っておいて損のない内容だと思います!

 

■「Q&A」

Q1:
ケトジェニック(糖質制限)中に、筋肥大は可能なのでしょうか?
個人的にケトジェニック中は体調が良いので、できればこの状態を中心に生活をしたいです。
博士の本を読むと、EPAを摂取することによって筋肥大は可能であるとのことでした。
現在も、この見解でよろしいでしょうか?
もしくは、EPA以外にもっと効果的なサプリや方法がお有りですか?
2週間毎にケトジェニックと糖質食を切り替えるなどの方法のほうがやはり良いでしょうか?
よろしくお願いします。

 

Q2:
いつも勉強させていただいています。
私は筋肥大ではなく筋力向上を目的としたトレーニングをしているのですが、筋肉痛対策にはBCAAとEAAどちらが効果的でしょうか?
パワーリフターはBCAAをよく摂取している印象を受けます。
ご回答お願いいたします。

 

Q3:
いつもメルマガを楽しみにしています!
ダイエット中の停滞期について質問です。
毎日朝イチで体重を記録しているのですが、ダイエットが進んでいるのか停滞しているのか見分けがつきません。
だいたい何日ほど体重に変化がなければ停滞していると言えるのでしょうか?
体重、体脂肪率を計る以外に停滞を見分ける方法などありましたら教えていただきたいです。

 

Q4:
減量を行なっていて、かなり絞れてきても中々三角筋停止部位の脂肪が落ちにくいです。
このあたりの脂肪を落とすのに最適な方法はないでしょうか?
宜しくお願い致します!

 

Q5:
いつもメルマガを楽しみにしています!
性行為について質問です。
パートナーとのセックスは筋肉にどのような影響がありますか?
試合前等は控えた方がいいというのは本当でしょうか?
また食事を摂る場合、セックスの前後どちらにした方が良いでしょうか?

 

Q6:
山本先生いつも勉強させて頂きありがとうございます。
私は筋肥大の為に中4~5日程度でトレーニングを行っており、胸のトレーニングはベンチプレスとダンベルフライを10RMで各1セット行っております。
このトレーニング量でも翌日は軽く筋肉痛になります。
この場合、トレーニング量は十分でしょか?

 

Q7:
山本先生いつも勉強させていただいております。
短期間で大幅にバルクアップを行なった後の血液検査でクレアチニン、尿酸値が基準値上限ギリギリの値を出してしまいました。
トレーニーだとこの2つの項目は高い事はよくあるといった話を聞きますが、私自身そこまで筋骨隆々ではなく、今までそのような高い値を出したこともないため不安を感じています。
博士としてのお考えや、数値低下に向けてのアドバイスなど頂ければ幸いです。

 

■「私が博士に教わったこと」

「肩+腹筋」のトレーニングメニューをご紹介いたします。

 

■「発行日時・登録」

メルマガは2月16日(金)17時ごろ発行予定です。

お楽しみに~

 

メルマガのご購読は、こちらから。
http://www.mag2.com/m/0001493970.html

 

 

 

 

seto

 

 

実は効果的だったアノ組み合わせとは

2018年2月8日

毎週金曜日は“筋肉博士”山本義徳さんによるボディメイクメルマガ
―エビデンスによる最新ボディメイク― 【博士のダイエット&バルクアップ研究所】の発行日です。

今回のメルマガ(2018/2/9発行号)の内容をご紹介いたします。

 

■「今週のメインテーマ」

メインテーマは、 「実は効果的だったアノ組み合わせとは」 です。

「単体としては非常に効果があるけれど、組み合わせて使用しても大丈夫ですか?」という疑問があるサプリメントがあります。

今回は、その一つ(の組み合わせ)をご紹介します。

それはいわゆるエルゴジェニックエイドの代表的なものであり、最も効果のあるサプリメントとも考えられる、“●レアチン”と“カ●ェイン”の組み合わせです。

この二つはそれぞれかなり効果があることは周知の通りですが、「一緒に使わない方が良い」という説もそこそこ有名です。

今回はこの説について理論的に解説してもらいましょう。

博士がお勧めする、トレーニング日とトレーニングしない日のクレアチン摂取方法も載っていますので、ぜひ参考にしてください!

かなり勉強になりますよ~(^^)/

 

■「Q&A」

Q1:
電子書籍や、メルマガで勉強させてもらっています。
質問なのですが、毎日アルギニン、ベータアラニン、クレアチン、タウリン、HMBを適量摂っているのですが、風邪の引きはじめに葛根湯など飲む時に上記のサプリメントは葛根湯などの漢方薬との飲み合わせは大丈夫でしょうか?

 

Q2:
いつでも飲めるようにプロテインを100%ジュースに溶かして1日分作り置きして冷蔵庫に入れようと考えているのですが、大丈夫でしょうか?

 

Q3:
いつもメルマガ楽しみにしています!
核酸について質問です。
知り合いが核酸を飲み始めて体調が良くなったり、~が治ったりなど言っていて勧められています。
しかし、値段がとても高額のため躊躇してしまいます。
核酸は本当に効果があるのでしょうか?
また、サプリで安価に代用するとすればどういった物がよいのでしょうか?
ご回答よろしくお願いします。

 

Q4:
いつもメルマガを楽しみにしております。
今初めてのローカーボのプチダイエットをしています。
博士の書籍、メルマガを参考にRリポ酸、アルギニン、COQ10、MCTオイル、カフェイン、EPA+DHA、バナバ茶、を摂取しています。
4~5週のダイエットが終わってから、バルクアップ期間になり糖質をとりますが、その時に何か気を付ける事、または、プチダイエットからバルクアップ期間に移り変わりの時に摂取した方がいいサプリメントがあるでしょうか?
(インスリンの働きを良くするため、バナバ茶、アルギニン、Rリポ酸は取る予定です。)
よろしくお願いします。

 

Q5:
いつも有益な情報ありがとうございます。
今現在ケトジェニックダイエットで減量中なのですが、糖質を完全に抜く事によりかなり体が萎んでいます。
グリコーゲンが枯渇している事により萎んでいるだけだと思いますが、筋肉量が落ちているのではないかと心配です。
ケトジェニックは糖新生が起こりにくく、筋肉量が落ちにくいと思うのですが、あまりこの萎んでいる状態は気にしなくてもいいのでしょうか?
宜しくお願い致します。

 

Q6:
ナイアシン摂取によるヒスタミン遊離はアレルギーを促進するものなのでしょうか??
また、アレルギー反応に作用するようであれば、ビタミンC、ケルセチンを摂るなどで良いのでしょうか?

 

Q7:
現在ケトジェニック中です。
BCAAを一日20g摂取していますがこれはタンパク質摂取量の内に入れても大丈夫なのでしょうか?

 

 

 

■「私が博士に教わったこと」

今回はパーソナルトレーニングをお休みしたので、かなり前のものですが「胸+腹筋」のトレーニングメニューをご紹介いたします。

最近は胸のトレーニングを行っていないので、こういう時には胸のトレーニングをご紹介しましょう。

とはいえ、今回ご紹介するのは少し変わったやり方です。

たまにはこういう方法もぜひ取り入れてください~

 

 

■「発行日時・登録」

メルマガは2月9日(金)17時ごろ発行予定です。

お楽しみに~

 

メルマガのご購読は、こちらから。
http://www.mag2.com/m/0001493970.html

 

 

 

 

seto

筆者が常飲する飲み物は

2018年2月1日

毎週金曜日は“筋肉博士”山本義徳さんによるボディメイクメルマガ
―エビデンスによる最新ボディメイク― 【博士のダイエット&バルクアップ研究所】の発行日です。

今回のメルマガ(2018/2/2発行号)の内容をご紹介いたします。

 

■「今週のメインテーマ」

メインテーマは、 「筆者が常飲する飲み物は」 です。

ボディビルという競技は、1日の練習時間が1~2時間であり、他のスポーツと比べて決して練習量が多い競技ではありません。

しかし、練習時間以外の22~23時間の過ごし方もかなり重要となる競技です。

トレーニング中は「ワークアウトドリンク」を飲みますが、それ以外の時間はどのような飲み物が良いのでしょうか?

とはいっても、今回はボディメイキングのためのものというより、健康のためのものです。
(もちろん、健康でいることがボディメイキングの近道ではあります!)

風邪や花粉症対策のために博士が飲んでいるものとは、どのようなものでしょうか?

ぜひ参考にしてください!

 

■「Q&A」

Q1:
いつもお世話になっております。
11月末にメールパーソナル受けました●●です。
メールパーソナル以来山本様のご教示通りケトジェニックにしており糖類はトレ時のクレアPI3杯だけなのですが、体重や見た目にあまり変化ありません。
MCTも30gは摂取しております。
まだケトーシスになっていないのでしょうか?
肝血腫がありますがそのせいなのでしょうか?
悩んでおります。ご教示よろしくお願いします!

 

Q2:
マンデルブロトレーニングの背中のモデルプログラムについて質問です。
Phase1では床からのデッド、phase2ではトップサイドデッドとなっていますがどのような理由でしょうか?
背中のトレーニングとしての床からのデッドについて否定的なビルダーも多いので気になりました。
個人的にトップサイドより床デッドの方が好きで筋肉痛も全体的にきます。

 

Q3:
某TV番組で見たのですが、コンテスト前のカーボアップ中にジャンクフードを摂ると筋肉の張りを保ったまま維持することが出来るみたいな事を言っていました。
これは本当なのでしょうか?
過度な塩分や脂質などで浮腫まないのですか?

 

Q4:
私は現在20歳ですが年齢関係なくビタミンはしっかりとサプリメントで必要量摂取したほうが良いでしょうか?
若いうちは活性酸素除去能力が高いとのことですが、ビタミンによる活性酸素除去で本来持っている除去能力が衰えてしまうことなどあるでしょうか?

 

Q5:
カタボリック状態についてお伺いしたいです。
おなかが鳴っているときはもうカタボリックが始まっているとみてよいのでしょうか?
おなかが鳴る直前のタイミングでBCAA入りドリンクやプロテインゼリーなどをのむのは得策でしょうか?
いつも晩飯と睡眠の間で5~6時間空いてしまい、多少の空腹感が出てしまうためカゼインプロテインを飲んで就寝しています。
それとプラスで糖質も摂取したほうがよいのでしょうか?

 

Q6:
ついた筋肉を落としたい場合どうすればいいでしょうか?
競技ビルダーは引退したので大きい筋肉が必要なくなりました。
食事、トレーニングをどのように行うといいでしょうか。
運動する習慣は残していきたいです。
よろしくお願いします。

 

Q7:
質問です。
カーフの種目で1種類しかできないとしたらスタンディングカーフ、ドンキーカーフ、シーテッドよるどの種目を選べば良いでしょうか?
よろしくお願いします。

 

 

■「私が博士に教わったこと」

「脚」のトレーニングメニューをご紹介します。

 

 

■「発行日時・登録」

メルマガは2月2日(金)17時ごろ発行予定です。

お楽しみに~

 

メルマガのご購読は、こちらから。
http://www.mag2.com/m/0001493970.html

 

 

 

 

seto

簡単に老眼を治す方法は

2018年1月25日

毎週金曜日は“筋肉博士”山本義徳さんによるボディメイクメルマガ
―エビデンスによる最新ボディメイク― 【博士のダイエット&バルクアップ研究所】の発行日です。

今回のメルマガ(2018/1/26発行号)の内容をご紹介いたします。

 

■「今週のメインテーマ」

メインテーマは、 「簡単に老眼を治す方法は」 です。

このメールマガジンに関係ないテーマに思われるかもしれませんが、目にも筋肉があります。

つまりトレーニングによって改善可能なのです。

では一体どのようなトレーニングが有効と考えられるのでしょうか?

実は、ウェイトトレーニングのテクニックの一つである、あの方法が有効のようです。

また、その具体的な方法もトレーニーらしくて面白い!(^^)

そして、もちろん栄養も重要となってきます。

そろそろ気になり出してきた人(私も!)は、ぜひお試しください。

 

 

■「Q&A」

Q1:
いつも参考にさせてもらっています。ありがとうございます。
先日腕のトレーニング(インクラインハンマーカール)中に二頭長頭の腱を断裂させてしまい手術をしました
その時に自分の腱を見た主治医によると
「今まで見た事がないくらいボロボロ」
「原因は不明だが、ステロイドの副作用に似ている」
との事でした。
しかし自分はステロイドを使っておらず、摂取しているサプリは全てマイプロテインとアイハーブで買えるものを使っています。
主治医によると、
「プロテインにも意図的にステロイドが混入されている可能性があるから摂取をやめた方が良い」
との事で困惑しています。
プロテインにステロイドが混入されており、その影響によって腱がボロボロになるなんて事が本当にあるのでしょうか?
博士のご意見をお聞かせ頂けると幸いです。

 

Q2:
いつも有益な情報をありがとうございます!
腸内環境を整えることで、たんぱく質が効率よく吸収されるため必要量が少なくて良い、という意見を聞きましたがいかがでしょうか?
また、ビタミンやミネラルも作られるため、サプリなども必要がないと聞きました。
博士の見解をお聞かせいただければ幸いです。
よろしくお願いします。

 

Q3:
健康のためにトレーニングをしている30歳男です。
『食事のせいで、死なないために』という本の中で鶏肉と卵は前立腺ガンの進行に関わる最悪の食材と紹介されています。
どんな食材でも一長一短があるとは思いますが、、、
動物性たんぱく質を控えるほうが良いという考え方について博士はどうお考えですか?

 

Q4:
筋肉痛についての質問がございます。
減量中は週5日で無酸素運動をしても程よい筋肉痛だったのにも関わらず、バルクアップ期の現在では週3~4日でも筋肉痛が強く残ってしまいます。
全体のボリュームを減らして、ワンセットだけ全力を出し切るようになってから尚更です。
しかも、二日後に強烈な筋肉痛が襲ってきます。
2日後ということは、諸説がありますが加齢が原因でしょうか??
睡眠も平均7時間はとっています。

トレーニングも60分以内で完了させるようにセッティングし、45分で切り上げることもありオーバーワークは考えにくいと思っています(少ない時は、3種目3セットで終わる日もあります)。
扱う重量も少しずつ伸びていて、減量中に控えていた牛肉赤身と玉子を積極的に摂取しているので、アラキドン酸による2系統プロスタグランジンが原因かな?と推察していますが、カウンターとしてクリルオイル&青魚を摂取しているので原因がまったく分かりません。
対策として、マグネシウム(ZMAとして)、タウリン、ビタミンB群、クエン酸、ベータアラニンなども活用しています。
その他、通常のサプリメンテーションをルーティーンで摂取。
疲労感はないです。

このような場合はどのように対処するべきでしょうか?
宜しくお願いします。

 

Q5:
脂溶性ビタミンは具体的にどのくらいの量の脂質と一緒に摂ればいいのでしょうか。
この量のビタミンに対して脂質何gなど目安があれば教えていただきたいです。

 

Q6:
あけましておめでとうございます。
メルマガ・書籍等通じて、今年も学ばせていただければと思います。
今年もよろしくお願いいたします。

以前メルマガで部分痩せというトピックがありましたが、以下質問です。
30歳 フィジーク大会目指して修行中で、背中、脚、胸+肩、休み、背中、脚、腕、肩の8分割でトレーニングしています。
以前に減量した際、下腹だけが最後まで絞れて来ず、腹筋上から3段目が水抜きしてようやく見えるくらいの仕上がりになり、絞り切れませんでした。
太っていく際もそうなのですが、横腹・腰回り・下腹から肉がつき始めます。
肩などは多少増量してもカットが残るのですが、腹がすぐに無残な姿になります。
全体的な減量をより追い込むのは勿論ですが、腹・脇腹・腰回りの肉を落とすのに良いエクササイズはないでしょうか?
またサイクル的にはどこに組み込めば良いでしょうか?
その3部位について触っても脂肪の下に筋肉を感じない(他の部位は脂肪がのっていても筋肉を感じられるが)のですが、筋力を上げれば先に絞れるようになるのでしょうか?
現在の取り組みとしては、ウエストシェーパーはトレ中、就寝時以外の日常時に巻くようにし始めています。

 

Q7:
いつもメルマガを楽しみにしています!
ただいまケトジェニックダイエット中です。
脂質を積極的に摂っているのですが、どうしてもタンパク質の摂取も多くなり、結果カロリーオーバーになってしまいます。
主にMCTオイル、卵、サバ、牛肉、ナッツ類を食べています。
1日で糖質は30g程度に抑えられているのですが、タンパク質が180g、脂質が150gとタンパク質の方が多くなってしまいます。
タンパク質をある程度抑えて脂質を摂取できる食品は何がおすすめでしょうか?
MCTオイルは1日に30~40g摂っています。

 

 

■「私が博士に教わったこと」

「腕」のトレーニングメニューをご紹介します。

 

■「プレゼント」

読者様プレゼント企画を行っています。
ぜひご応募ください!
締切間近!!

プレゼント内容はこちら
http://www.101bm.com/topics/201801051125_1518.html

 

■「発行日時・登録」

メルマガは1月26日(金)17時ごろ発行予定です。

 

お楽しみに~

メルマガのご購読は、こちらから。
http://www.mag2.com/m/0001493970.html

 

 

 

 

seto

高脂肪食はインスリン抵抗性を引き起こす?

2018年1月18日

毎週金曜日は“筋肉博士”山本義徳さんによるボディメイクメルマガ
―エビデンスによる最新ボディメイク― 【博士のダイエット&バルクアップ研究所】の発行日です。

今回のメルマガ(2018/1/19発行号)の内容をご紹介いたします。

 

■「今週のメインテーマ」

メインテーマは、 「高脂肪食はインスリン抵抗性を引き起こす?」 です。

 

当メールマガジン読者の方にはもう常識となっているかもしれませんが、正しく糖質制限を行うためには高脂肪食が必要となります。

一方で、「高脂肪食はインスリン抵抗性を引き起こす」という論文もあります。

さてさて、どのように考えれば良いのでしょうか。

論文一つで短絡的に結論を出すのではなく、ちょっと理論的に考えて、リスクを減らしリターンを多くしたいものですね。

 

■「Q&A」

Q1:
いつもメルマガ楽しみにしています!
朝イチでの炭水化物摂取について質問があります。
起床後すぐにEAAを摂取して、しばらくしてプロテインとオートミールorサツマイモを食べています。
朝イチは糖新生を抑えるために高GIの炭水化物の方が良いのでしょうか?
それともバルクアップ期と減量期でGI値を変えた方が良いのでしょうか?
よろしくお願いします。

 

Q2:
いつも勉強させて頂いております。
現在ハレオのvivoというMVMサプリメントを摂っています。
非常に効果を実感していて良いのですが、エランバイタル等の海外製のMVMサプリメントと比べるとビタミン、ミネラルの量が非常に少なく、vivoのみで必要量が摂れているのか疑問に思っています。
もし足りていない場合、エランバイタル等のメガビタミン系のサプリメントも追加で摂った方が良いのでしょうか?

 

Q3:
有酸素運動やHIITの時は、カーボドリンクは避けるべきでしょうか?
またトレーニング後にHIITを行う事が多いのですが、イントラで飲んでいたパープルラース、MDをそのまま飲むのは脂肪燃焼という観点から問題無いのでしょうか?

 

Q4:
いつも有益な情報をありがとうございます。
早速質問に移らせていただきます。
高重量低レップでのトレーニングをすると頭痛、吐き気がします。
ならないための対処法やなった時のための対処法をお教えください。

 

Q5:
いつもメルマガ楽しみにしています。
私は30才男性なのですが、いわゆる糖尿病家系です。
トレーニング中、トレーニング後にマルトデキストリン等で糖質を摂取すると糖尿病のリスクが上がってしまうのでしょうか?

 

Q6:
いつもお世話になっています。
『山本義徳 業績集8』の中での質問です。
マンデルブロトレーニングのphase1の「追い込む場合、追い込まない場合」とphase 2の「無理に追い込まず」とありますが、それぞれどのように捉えればよいか迷っております。
「追い込む」とはフォーストの事でよろしいのでしょうか?

もう一つ、非線形ピリオダイゼーションについて、これはコンパウンド種目・アイソレート種目どちらでも効果があるようですが、例えば二頭のトレーニングの場合では全ての種目を非線形ピリオダイゼーションのプログラムでやればよいでしょうか?
マンデルブロトレーニングは今年からやってみようと思いますので、モヤモヤを無くしたいため初歩的な質問で申し訳ないです…

 

Q7:
質問なのですが、仕事が9時から17時までなのですが、朝ごはんを8時に食べ12時にお昼ご飯を食べるのですが、筋肥大、バルクアップさせるために、プロテインやBCAA、EAAをどのぐらい仕事中に飲めば、アナボリックな状態を継続できるでしょうか?
ベストな方法をお願いします!
トレーニングは19時から開始します!

 

■「私が博士に教わったこと」

「背中」のトレーニングメニューをご紹介します。

 

■「プレゼント」

読者様プレゼント企画を行っていますので、ぜひご応募ください!

プレゼント内容はこちら
http://www.101bm.com/topics/201801051125_1518.html

 

■「発行日時・登録」

メルマガは1月19日(金)17時ごろ発行予定です。

 

お楽しみに~

メルマガのご購読は、こちらから。
http://www.mag2.com/m/0001493970.html

 

 

 

 

seto

ローカーボ・ダイエットにアレを組み合わせてみると

2018年1月11日

毎週金曜日は“筋肉博士”山本義徳さんによるボディメイクメルマガ
―エビデンスによる最新ボディメイク― 【博士のダイエット&バルクアップ研究所】の発行日です。

今回のメルマガ(2018/1/12発行号)の内容をご紹介いたします。

 

■「今週のメインテーマ」

メインテーマは、 「ローカーボ・ダイエットにアレを組み合わせてみると」 です。

少し前からトレーニング関係者以外でも、特に有識者の間で話題となっている、健康・若返り効果があるといわれる“アノ物質”。

当メールマガジンでも何度かご紹介しましたが、実はローカーボ・ダイエットにはこの物質を増やしてくれる効果があるようです。

アンチエイジングといえば怪しいものも多いですが、こちらはかなり信頼性が高そうです。

また、これ以外でもローカーボ・ダイエット時に摂ることによって健康に効果的なサプリメントをご紹介します。

こちらはダイエットにも有効でなあのサプリメントです。

ぜひ参考にしてください!

 

■「Q&A」

Q1:
いつもメルマガ楽しみにしています!
オイルと食物繊維について質問があります。
現在、就寝前にアボカドオイル5gをプロテインに混ぜて飲んでいます。
腸内環境のことも考えてオイルからイヌリンに変えようと思います。
就寝前にプロテイン+イヌリンでも同様にタイムリリース効果はあるのでしょうか?
また、グリセリンやMCTオイルなどは吸収を遅らせるといった効果は無いのでしょうか?

 

Q2:
私は現在ジムでバイトをしています。
先日あるお客様と話したところその方は何十年も平常時の体温が34度台とのことでした。
体温がそこまで低い原因はなんなのでしょうか。
また、食事や運動に関してはどのようなアプローチが最適でしょうか?
是非教えてください。
よろしくお願いします。

 

Q3:
博士の下巻を読みビタミンのサプリメントをとりはじめました。
そこで質問なのですが、博士は食事で野菜をとっているのでしょうか?
とっているならば、どのようなpoint、食材を選んでいるのでしょうか?
宜しくお願い致します。

 

Q4:
いつも有益な情報ありがとうございます!
今度鼻の通りを良くする為の手術をする予定です。
その為トレーニングは1ヶ月禁止と言われたのですが、それだけ休むのは少し不安です。
少しでも早くトレーニングをしたいのですが、術後回復を早める為にした方がいい事はあるのでしょうか?
摂取した方がいいサプリメントなどございましたら、教えてください。
よろしくお願い致します。

 

Q5:
身長165㎝、体重53キロ、筋肉量38キロ、体脂肪率22%21歳の女性です。
筋トレ歴7か月ほどです。
私は唇の周りにニキビまではいきませんが、軽いぽつっとした出来物が出来てしまいました。
最初は左の唇横だけでしたが、ここ半年くらいは唇の下、ほほにも少し広がってきてしまいました。
病院にいき、最初はステロイドで様子を見ましたがそれで逆にここまで広がってしまったので、今は使っていません。
化粧水を変えたりして、様子を見ましたが変化はなしでした。
からだの内側から改善しようと今は山本さんおすすめの、ウーマンズライフフォースマルチプル、ビタミンc1000mgを朝昼晩食後に1錠ずつ飲んでいます。
一ヶ月ほど経ちましたが変化はありません。
プロテインは筋トレ前後に20gずつとっています。
食事内容は朝お米と卵二個、昼夜でお米とむね肉(各100g~150g)をとっていて、野菜はたぶん普通の女性より、意識的にとっているとは思います。
青魚も一日一回一匹は食事でとっています。
おしゃれを楽しみたいのと自己肯定感が低くなりたくないので、食事で気を付けること、またサプリメントでこれが足りない、飲み方が悪い、これはいらないなどありましたら、教えて下さい。
本当に宜しくお願いします。

 

Q6:
毎号、造詣の深い回答に驚かされると同時に勉強させて頂いております。
運動消費カロリーについて質問させてください。
有酸素運動ですと、消費カロリーがマシンで表示されるので大凡のカロリーが計算できますが、無酸素運動の場合ですとどれ位のカロリーが消費されているのか把握しにくいと思います。
無酸素運動はメッツで割り出すのが一般的だと思うのですが、高重量のウェイトトレーニングを1時間、体重70キロの場合で仮定した場合、メッツ6~8×時間×体重=480~560キロカロリー消費に計算上なると思いますが、部位によって筋肉の大きさが違うため、正しくカロリー消費計算ができているのか疑問であります。
現在は、博士の著書(筋肥大・筋力向上のプログラミングとカッコイイカラダ)を参考にしてマンデルブロでプログラムを組んでいるのですが、phaseごとにレップ数と扱う重量が毎回違うので、このようなことから無酸素運動の消費カロリーを計算すること自体が無意味なのでしょうか?
もし、計算がきるようでしたらアドバイスお願い致します。

 

Q7:
いつも有益な情報ありがとうございます。
この間行われた某団体のコンテストにて、優勝した選手がステージに行く直前までポテトチップスを食べていたそうです。
これは塩分と脂質の補給のためなのでしょうか?
その選手は非常にドライに仕上がっておりましたが、最終調整としてこの手段は有効でしょうか?
ご回答下されば幸いです。

 

■「私が博士に教わったこと」

「肩+腹筋」のトレーニングメニューをご紹介します。

 

■「発行日時・登録」

メルマガは1月12日(金)17時ごろ発行予定です。

 

お楽しみに~

メルマガのご購読は、こちらから。
http://www.mag2.com/m/0001493970.html

 

 

 

 

seto

プレゼント

2018年1月5日

今年もやります!

メールマガジン
-エビデンスによる最新ボディメイク- 【博士のダイエット&バルクアップ研究所】
読者様プレゼント企画。

OLYMPIA 2017 でゲットしたものをプレゼントです。

ぜひご応募ください~

 

 

1.BODYBUILDING.com Tシャツ

フロント

バック

 

オリンピア2017デザインです。

サイズは、SまたはXLです。

 

2.OPTIMUM NUTRITION Tシャツ

 

 

こちらもオリンピア2017使用です。

バックプリントはありません。

サイズは、LまたはXLです。

 

 

3.BODYBUILDING.com キャップ

 

 

サイズはありません。

 

4.BLACK SKULL セット

最近人気なBLACK SKULLのTシャツとサプリメントサンプルセット

 

Tシャツ

フロント

 

バック

 

袖には、

ハーレーと

 

星条旗

 

と、

 

サプリメントサンプル

 

のセット。

Tシャツのサイズは、G(?)、L、XLです。

 

 

5.BODYBUILDING.com シェイカー

小さめのシェイカー。

 

持ち運びも洗うのも、意外と便利なこのサイズのシェイカー。

私もまあまあ使っています(^^)

 

 

6.OPTIMUM NUTRITION トレーニング手帳

オリンピア2017でけっこう人気だった、トレーニング手帳。

開けていないので内容はわかりません。

 

応募者がいなかったら自分で使おうかな(^^)

 

7.サプリメントサンプル

サプリメントサンプルの詰め合わせです。

例えば、、

 

・プロテイン系

 

 

 

 

 

 

・アミノ酸系

 

 

 

・プレワークアウト系

 

 

 

 

・アヤシイ系?(笑)

 

 

 

 

 

 

などなど。

※サプリメントの摂取は自己責任でお願いいたします。

 

応募方法

プレゼントのご応募方法はメルマガ内でご案内いたします。

 

メールマガジン
-エビデンスによる最新ボディメイク-
【博士のダイエット&バルクアップ研究所】

ご登録はこちらから。
http://www.mag2.com/m/0001493970.html

 

 

 

 

seto

 

1年計画のストラテジー

2018年1月4日

あけましておめでとうございます!
本年もよろしくお願い申し上げます。

毎週金曜日は“筋肉博士”山本義徳さんによるボディメイクメルマガ
―エビデンスによる最新ボディメイク― 【博士のダイエット&バルクアップ研究所】の発行日です。

今回のメルマガ(2018/1/5発行号)の内容をご紹介いたします。

 

■「今週のメインテーマ」

メインテーマは、 「1年計画のストラテジー」 です。

新年一発目にふさわしい内容ですね!

このメルマガの読者様は、ほとんどが「筋肉を増やして体脂肪を減らしたい」のだと思います。

しかし現実では1年に1kg筋肉をつけるということも大変なことです。

それが今回はなんと!

1年で体重の10%くらいを筋肉で増やすことを目標にします。

なかなか厳しい目標値だと思いますが、理論的には決して不可能ではなく、もっとも効率よくコンディションを崩さないで筋肉を増やす方法の一つだと思いますので、ぜひ一年の最初に参考にしてください!

今の私はかなり緩いボディメイキングですが、なるべくこれに沿った方法で行い、まだまだ進化して今年の年末を迎えたいと思います!

一緒にやりましょう!!

 

■「Q&A」

Q1:
いつも勉強させていただいています。
以前のメルマガの質問への回答で、若いうちは脂肪がつくことを気にしないで伸び悩むまで食べてデカくすべきだとおっしゃられていたのですが若いうちにそのようにするメリットはなんなのでしょうか?
ご回答よろしくお願いいたします。

 

Q2:
いつもメルマガ楽しみにしています!
ダブルスプリットについて質問があります。
増量期などは完全休養を優先するため、ダブルスプリットなどあまり行わない方がよろしいのでしょうか?
また、行う場合の注意点やアドバイスを頂けたら助かります!

 

Q3:
いつも有益な情報をありがとうございます。
玄米は、食物繊維とマグネシウムが豊富なので適量しか吸収されず太らないという意見を聞いたのですが、そんなことは起こるのでしょうか?
よろしくお願いいたします。

 

Q4:
栄養学上巻のアルギニンについての質問です。
博士はインスリンの働きを高めるためにトレーニング後の摂取を薦めていますが、part2ではトレーニング前の摂取を薦めています。
これは、どちらもとった方がよいと言うことでしょうか?
また、その時の目標摂取量がありましたら、そちらについても教えて頂きたいです。
宜しくお願い致します。

 

Q5:
いつもメルマガ、書籍等で勉強させていただいております。
質問ですが、先生は便秘についてどう言った考え方をお持ちでしょうか?
便秘が重症化している場合は腸内環境の悪化により、食べ物の栄養が体に反映されにくものでしょうか?
また、便秘を解消する方法として何か先生の推奨するものはございますか?
ぜひお話を聞かせていただきたいです。
よろしくお願いいたします。

 

Q6:
シシースクワットがありますがストレッチ種目なので筋肥大にいい影響与えると思うのですがあまりやっている人を見かけません。
扱える重量が軽いせいか効果が薄いのでしょうか?
よろしくお願いします。

 

Q7:
毎週金曜日を楽しみにしております。
サーロインステーキなどの脂肪分に含まれているアラリントン酸?が筋肉をパンプさせるのに有効であると、某ボディービルダーのセミナーの質疑応答で仰っていたのですが、インターネットで調べても判らずじまいでした。
脂身との発言があったので、恐らく博士の著書に記されていた牛肉の赤身や玉子に含まれているアラキドン酸とは別なのかな?と思っているのですが、現チャンプの意見として有効であれば取り入れたいと思っています。
博士の見解を教えてください。
宜しくお願いします。

 

■「私が博士に教わったこと」

年末年始はトレーニングをお休みしたため、過去のトレーニングメニューをご紹介いたします。

二分割・週3回のトレーニングでどちらかというと上半身中心のメニューとなります。

10年近く前のメニューですが、1回1時間程度で週2~3回トレーニングできる人にはかなり参考になる内容だと思います!

 

■「発行日時・登録」

メルマガは1月5日(金)17時ごろ発行予定です。

 

お楽しみに~

メルマガのご購読は、こちらから。
http://www.mag2.com/m/0001493970.html

 

 

seto

ダイエット&バルクアップ2017年復習号Part4

2017年12月28日

毎週金曜日は“筋肉博士”山本義徳さんによるボディメイクメルマガ
―エビデンスによる最新ボディメイク― 【博士のダイエット&バルクアップ研究所】の発行日です。

今回のメルマガ(2017/12/29発行号)の内容をご紹介いたします。

今年最後の発行です。

本年もありがとうございました!!

最後まで読者様のお役に立てる内容となりましたら幸いです。

※例年通り、今回から12月の4回は復習号となります。

 

■「今週のメインテーマ」

最後の4分の1を復習しましょう!

◆『現役時代のサプリメンテーションは』(9/15発行)

◆『今でも現役と仮定したら ~バルクアップ編』(9/22発行)

◆『今でも現役と仮定したら ~ダイエット編』(9/29発行)

◆『加齢による肥りやすさを防ぐには』(10/6発行)

◆『肝機能を高め、肥満を抑制してくれる食材は』(10/13発行)

◆『短期サイクルダイエットの効果とは』(10/20発行)

◆『“エビデンス”は本物か?』(10/27発行)

◆『大豆製品は健康によいのか Part 1 ~遺伝子組み換えとイソフラボン』(11/3発行)

◆『大豆製品は健康によいのか Part 2 ~ゴイトロゲンとフィチン酸、レクチン』(11/10発行)

◆『大豆製品は健康によいのか Part 3 ~大豆のメリットは』(11/17発行)

◆『静的ストレッチは必要か?』(11/24発行)

◆『トレーニングの順番は』(12/1発行)

 

■「Q&A」

Q&Aも復習です。

今年のご質問を「トレーニング」、「食事」、「サプリメント」、「その他」に分けて各25個、合計100個のQ&Aを再掲載いたします。

今回は「その他」編を復習しましょう!

 

Q:

いつも大変勉強になっております。

質問させて下さい。

先日、槍投げ日本記録保持者の溝口和洋についての本を読んだのですが、それには溝口和洋はタバコを1日2箱は吸っていたとありました。

そこで質問なのですが、アスリートにとってタバコを吸うことのメリットはあるのでしょうか。

また、タバコの健康面でのデメリットを少なくする為にはどの様なサプリメントを摂取すべきでしょうか。

お忙しい所申し訳ありません。

宜しくお願い致します。

 

 

Q:

いつも勉強させて頂きありがとうございます。

トレッドミルについて質問させて頂きます。

電動モーター式のトレッドミルで現在毎日1時間ほど走っておりますが、表示される消費カロリーは正しい数字なのでしょうか?

中々痩せませんので、、、

やはり電動モーター式は基本的には飛び跳ねてるだけで、消費カロリーは少ないのでしょうか?

また自走式のトレッドミルの方が本当のランニングに近い消費カロリーとなるのでしょうか?

宜しくお願い致します。

 

 

Q:

いつも勉強させていただいています。

ストレッチについて質問なのですが、動的ストレッチや静的ストレッチには可動域やパフォーマンスに

効果的なエビデンスはあるのでしょうか?

またストレッチとトレーニングであればどちらが可動域を広げるのに効果的でしょうか?

宜しくお願い致します。

 

 

Q:

山本先生、いつもお世話になっております。

ダイエット中のワークアウトドリンクについてお伺い致します。

硬水は飲みにくく苦手なので、以前山本先生の記事で拝見したマルチミネラルのカプセルの中身を溶かしたものを飲もうかと思い、薬局で探してみましたがカプセルタイプのものがありませんでした。

ドリンクに溶かすのにおススメのメーカーなどありましたら教えて下さい。

また、マルチミネラルのかわりに麦茶ではどうでしょうか?

カルシウムが入っていないようですのであまり良くないようにも思いますが、この点についても教えて頂ければと思います。

宜しくお願い致します。

 

 

Q:

風邪をひいた時や体調悪い時にトレーニングしても、筋肥大や筋力アップはするものなのでしょうか?

よろしくお願いします。

 

 

Q:

女性がダイエットをしていてホルモンバランスを崩すという話を良く聞きます。

だいたいが間違えたダイエット法(糖質も脂質も抜く)の為に崩してはいると思うのですが、ある程度ダイエットを進めていくと女性はホルモンバランスが崩れやすくなるのでしょうか?

また女性がダイエットを行う場合、低脂肪ダイエットとケトジェニックダイエットのどちらの方がホルモンバランス的には良いのでしょうか?

よろしくお願い致します。

 

 

 

Q:

いつも学ばせて頂きありがとうございます。

水についてお伺い致します。

ダイエットする時は水を飲んだ方がいいと良く聞くのですが、これはなぜでしょうか?

どのくらいの水を飲めばいいのでしょうか?

お教え下さい。

お願いします。

 

 

Q:

いつも貴重な情報ありがとうございます。

60歳を超えて地方のマスターズ60で優勝していますが、上半身は脂肪が落ちてキレキレになるのですが、太腿の脂肪が落ちきれずに甘いのが悩みです。

それ以上に体重を落とすと上半身の筋肉がおちてしまうので、困っています。

トレーニング、減量について教えてください。

 

 

Q:

いつも楽しんで拝見させて頂いています。

早速質問なのですが、以前のメルマガで頭を良くする方法があったかと思います。

私は勉強でなかなか集中力が続かなくて本当に悩んでいます。

博士の記事を見てカフェインやチロシンを摂取しようかと思っていますが、他に何か良いものはありますか??

またそのストレス対策にアシュワガンダを摂ろうと思いますが、ホルモン系のサプリはサイクルを組んだ方がよいのでしょうか?

よろしくお願いします。

 

 

Q:

ベンチプレス大会に一つ上の階級で申し込んだのですが、思うように体重が増えません。

あと一ヶ月で3kg位増やしたいのですが、どうすれば良いでしょうか?

 

 

Q:

山本先生お世話になります。

ダイエットでATPが減少する事とT4からT3への変換が減少するという事ですが、これは脱ヨード反応にATPが必要になるからでしょうか?

またこういったホルモンの働きなど生理学を学ぶのにおススメの書籍等がありましたら、あわせて教えて頂ければと思います。

宜しくお願い致します。

 

 

Q:

いつも楽しみにメルマガを拝読しています。

ブラジリアン柔術で内惻側副靭帯を損傷しました(上側が大腿骨から剥がれました)。

今は通常のサプリメントに加えて、グルコサミン&コンドロイチン+MSMを摂取しています。

そのほか怪我の回復を早めるサプリメントがありましたら、お教えいただけるとありがたいです。

また、現在怪我をして3週間なのですが、上半身のみトレーニングをはじめたためローカーボダイエットをしようと思っています。

こちらは怪我の回復に問題ありませんでしょうか?

 

 

Q:

いつもお世話になっております。

コリンやホスファチジルセリンなど脳に良いとされているサプリメントについて博士はどのようにお考えですか?

また、これらの脳に良いとされているサプリメントを摂取するとしたら博士は何をオススメされますか??

ご回答いただけたら幸いです。

よろしくお願いします。

 

 

Q:

腸内環境が良くなると血がキレイになり健康や美容に良いという話を良く聞きます。

このことについて博士はどのようにお考えでしょうか?

現在、私はコンテストに向けてケトジェニックダイエットを行っていて、肉や魚をメインに食べているので腸内環境という観点から考えると、あまり良くないような気がします。

ケトジェニックダイエット時に腸内環境を整えるような食事やサプリメントがありましたら教えて下さい。

よろしくお願いします。

 

 

Q:

いつも質問に対して丁寧に返答くださりありがとうございます!

冷え性に悩んでおり、血流を改善させたい場合にオススメの食材やサプリメントはありますでしょうか?

 

 

Q:

ケトスティックで、朝一番の尿からはケトーシスの反応が強く出ていたのですが、2回目の尿からはあまり反応が出ませんでした。

半身浴をしつつ1.5リットルほど水分を取ったため、朝一番の尿から次の尿までは1時間ほどしか経っていません。

反応も、濃い紫から薄いピンク(中心のみ反応)となっていました。

前日に20gほど糖質を一気に取ってしまったため、ケトーシスを抜けてしまっているのかと考えているのですがこの場合はどう判断すればいいでしょうか?

 

 

Q:

いつも質問にご回答いただきありがとうございます。

女性の方で上半身の脂肪がつきにくく、もう少し女性らしいカラダになりたいという方はどうすればよいでしょうか?

上半身の脂肪だけを増やすよい方法があればご教授いただければと思います。

 

ちなみに、37歳、身長161cm、体重50kg、体脂肪率19%です。

学生の頃に柔道をしており、上腕や腹筋などはその頃から脂肪がつきにくく名残があるそうです。

よろしくお願いします。

 

 

Q:

電子書籍の『脂肪酸とケトン体』(※)を読んで、今シーズンはケトジェニックダイエットを行っています。

書いてある通りのPFCバランスで食事をし、サプリメントも飲んでいます。

1ヶ月で3.5kgのペースで順調に落ちていて満足しているのですが、減量開始が遅かったのでコンテストに間に合うかどうかで焦っています。

目標体重まであと6kgのところ、コンテストまであと45日です。

何か減量を加速する方法を教えていただけますと幸いです。

 

(※)電子書籍『脂肪酸とケトン体 ~糖質制限ダイエットの科学』

https://goo.gl/mfevDE

 

 

Q:

いつも楽しみながらメルマガ見ています。

質問ですが、最近若返りの秘薬としてNADが注目されております。

ハーバードが本格的に研究しているそうですが、博士の見識からNADのサプリは有用ですか??

30タブレットでもいいお値段なので買うか迷っています。

よろしくお願いします。

 

 

Q:

ダイエット終盤になっても全身の皮膚が薄くなりません。

かなり厳しい減量を行なっても今まで一定の皮の厚みを超えたことがありません。

頬の皮の厚みや手首肘膝等全体的に厚みが残ります。

多種のサプリを使用していますが、ヨヒンベやクレアチン以外に皮下水分溜め込むような物はあるでしょうか?

コラーゲンやそれを育成するサプリなどはどうでしょうか?

 

 

Q:

いつも楽しく学ばせて頂いています!

山本さんはトレーニングにおける諸問題の解決方法をご存知だと思います。

しかしあえて考えずに、「このぐらいは根性でやってもらわないと大きくなれないぞ!」という点もあると思います。

山本さんの考えるガッツでやりきって欲しいポイントは何でしょうか??

分かりづらくて申し訳ありません。

 

 

Q:

女性がダイエットで脂肪を落とすとき、できるだけバストが小さくならないようにする方法があれば教えてください。

 

 

Q:

いつも勉強させていただいております。

毎度のメルマガ保存版としておりますが「今でも現役だとしたら」前後編、書籍と合わせてバイブルとして活用していきたいと思います。

正に私が、健康管理のウェイトトレーニング半年→増量4ヶ月→減量20週間で大会臨もうとしており、来期に向けては更に1年かけて調整して臨もうと思っております。

はじめての事だったので、増量期に無駄なカロリーと脂質取りすぎで脂肪をつけすぎた(体重増やしすぎた)というのが正直な感想です。

来期の事も考え準備を始めている最中ですので、参考にさせていただければ幸いです。

 

以下質問本文です。

前回のメルマガで書かれていた増量減量の期間の比率の話ですが、トレーニング歴が長いベテランでの調整なら、という話なのか、それともトレーニング歴浅いながらコンテストを目指す人にもあてはまるのでしょうか?

たとえば10月中旬にコンテストだとして、8月・9月に本格的な減量を始め、10月は調整。

12月から11月にかけてですと、増量8週間→減量4週間(オフ期はケトジェニック)ほどで増量減量繰り返し3セット目の減量が8月に来るような感じでしょうか?

もしくは以前バーサーカーコラム23やメルマガで紹介されていたBODY OPUSのように短いスパンで定期的に挟むような形でしょうか?

今年の経験を活かし来年の計画も立てていきたいので、よろしくお願い致します。

 

 

Q:

脇と太もも(特に内側)の肉割れが生々しくどうにかしたいです。

時間とともに薄くなるのでしょうが、何か対処法を教えてほしいです。

 

 

Q:

いつも有益な情報をありがとうございます。

以下が質問内容となります。

スノーボード(フリーラン)を行う上で鍛えると良い筋肉の部位はどちらになりますでしょうか?

行うと良いトレーニングメニューがあったら教えてください。

また、体重が5キロほど増えてしまいましたが滑りへの影響は大きいでしょうか?

宜しくお願い致します。

 

 

■「私が博士に教わったこと」

「背中」のトレーニングメニューをご紹介いたします。

 

■「発行日時・登録」

メルマガは12月29日(金)17時ごろ発行予定です。

お楽しみに~

メルマガのご購読は、こちらから。
http://www.mag2.com/m/0001493970.html

 

 

seto

 

ページのTOPへ